キーワードの基本!ビッグキーワードとニッチキーワード【ブログ初心者】

ブログ初心者で収入を得るコツ - キーワード選び
キーワードの基本!ビッグキーワードとニッチキーワード【ブログ初心者】

キーワードの基本とキーワードの種類やビッグキーワードとニッチキーワードについて
アフィリエイトで収入を得たいブログ初心者に役立つ内容です。

ブログ記事のキーワードの選び方の簡単なコツと
検索数を知る無料ツールも後半で2種類
とキーワードの種類など紹介します。

キーワードって何だろう?
どんな種類があって、
ブログ初心者には、どのタイプのキーワードを選ぶと良いのか?悩む人に役立ちます。
キーワード検索数も気になっている人には役立つ無料ツールも画像付きで紹介しています。

じっくりご覧ください。

キーワードの基本とキーワードの種類

まず、キーワードとは何かな?
というと・・
内容を把握する手がかりになる重要な言葉のことです。

キーワードを記事タイトルに入れることで
記事内容を推測してもらいます。

記事タイトルに含まれるキーワードをみて
内容を推測したユーザーが、ブログ記事を閲覧するわけです。

だから記事タイトルに入れるキーワード選びは
アクセスの素になるので、とても大事ですね

ではブログアフィリエイトでの
キーワード選びのコツを
簡単に説明します。

キーワードには、
成約に近いキーワード(成約キーワード)と
成約に遠いキーワード(集客キーワード)があります。

どちらもブログでアフィリエイト収入を得るには
必要なキーワードです。

一般的に成約に近いキーワード(成約キーワード)は
成約記事の記事タイトルに使います。
成約に遠いキーワード(集客キーワード)は、
集客記事の記事タイトルに使います。

ブログへ集客する必要もありますし、
成約する必要もあるからです。

だからキーワードの選び方のシンプルなコツとして
ブログ記事をかく前に、この記事は
成約キーワードで成約記事にするのか?

あるいは集客キーワードで
集客記事にするのか決めると良いです。

成約キーワードと集客キーワードと記事の関係

成約キーワードと集客キーワードと記事の関係についてさらに書きますね。

自分でも理解しやすいように
成約キーワードと集客キーワードと書いています。

ただ私が勝手に呼んでいるだけなので他の言い方もあります。

それぞれ特徴を確認しましょう。

成約キーワードとはどんなキーワード?

まず、成約キーワードは、固有名詞が含まれるものが多いです。

例えば、固有名詞である商品名やサービス名が含まれる
商標キーワードと呼ばれるものを選ぶとアクセスは少ないですが
成約に近いキーワード(成約キーワード)になります。

商標キーワードも成約キーワードですね。

他には
販売会社名+悩みキーワードで
商品を探している人が選ぶキーワードも
購買意欲が高いので成約キーワードと言えます。

成約キーワードを入れて記事タイトルにしたのが成約記事です。

商品名キーワードを記事タイトルにしているので商品紹介記事とも呼ばれます。

成約キーワードと逆で成約に遠いキーワードを入れた
集客キーワード入りの記事タイトルだと、集客記事になることが多いです。

集客キーワードとはどんなキーワード?

次に集客キーワードとはどんなキーワードなのかを特徴とともに確認しましょう。

基本的に集客記事は集客に撤するので
アフィリエイトリンク無しの記事にすることが多いです。
もちろん例外はあります。

成約に遠いキーワード(集客キーワード)には
ニュース等トレンドネタのキーワード
季節ネタのキーワード
趣味のキーワード
悩み解決キーワードなど
一般的なキーワードが多いです。

集客キーワードには固有名詞が入らないことが多い傾向です。
もちろん入る場合もあります。

大きな会社名とかですね。

集客キーワードは、成約には遠いですが多くの人が
検索するキーワードのことが多いです。

だからアクセスが増えやすい傾向です。

集客キーワードは
アクセスを増やす役割の集客記事の為のキーワードになります。

例えば
ダイエット商品の名前が成約に近いキーワードだとしたら
その商品で解決できる悩みが、集客キーワードになりますね。

集客キーワードで一番シンプルなのは
「ダイエット」ですが、これはビッグキーワードです。

ここで、ビッグキーワードとは、
検索ボリュームがものすごく多い
一語キーワードのことです。

明確な数字はないですが、
月間検索ボリューム10,000以上であれば、
ビッグキーワードと言われています。

お花、スキンケア、ダイエット、サプリ、筋トレ
など、ビッグキーワードは、たくさんありますね。

集客キーワードでも、ビッグキーワードだけでなく
ライバルが少ないけれど
検索も少しはされるニッチキーワードもあります。

検索ボリューム(数)を確認してニッチキーワードを選ぶ方が
ブログ初心者にとって上位表示されやすい傾向です。

月間検索ボリューム(数)を測る無料ツール2つ

なお月間検索ボリューム(数)を測るのは、色々あります。

その中で無料で使えるのがこちらaramakijakeツールです。
http://aramakijake.jp/

例えばダイエットと調べてみたら
Yahoo! JAPAN:905,301
Google:740,700
なので、ものすごくビッグキーワードといえます。
検索数ツール

他でも無料ツールで人気なのが
こちらUbersuggest(ウーバーサジェスト)です。
https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

Ubersuggestでダイエットと調べてみたら
368,000のボリュームと出ました。
検索ボリュームツール

2020年7月6日追記:
Ubersuggestに関してはこちらの方法も便利なので参考にどうぞ
UbersuggestのGoogle Chrome拡張機能で月間検索数もわかる!【図解で説明】

使うツールによって元になる基準が
違うので値は変わりますね。

ただどちらでも、
目安として使うのでそれほど気にしなくて良いです。

どちらでも月間検索ボリューム10,000以上なので
ビッグキーワードとわかります。

自分が使いやすい方を使うといいですよ。
両方調べて比べてみるのもいいですね。

どちらも関連キーワードの組み合わせ例もあるので
それを参考にしながら自分でも参入できそうな
ニッチキーワードを選ぶといいです。

ビッグキーワードとニッチキーワードの違いなど

つまりビッグキーワードはライバルも多いので
もし記事タイトルに使う場合は
必ず関連キーワードを2個以上プラスするといいです。

そのように関連キーワードをプラスして
検索ボリュームが少ないキーワードを
スモールキーワードと言います。

その中で
さらに3語から4語くらいの
関連キーワードを組み合わせて
複合キーワードで検索ボリュームが少ないけれど
そこそこ検索もされていて
ライバルが少ないキーワードを
ニッチキーワードとかロングテールキーワードと呼びます。

ブログ初心者が選びたいのが
このニッチキーワードになりますね。

ニッチキーワードがなぜ良いかというと
普通に考えたキーワードだと、
大抵ライバルが多いからです。

そしてビッグキーワードだと
成約に一番遠いキーワードです。

検索ボリュームが少なくなるほど
つまりニッチキーワードになるほど
ユーザーの悩みや需要が明確になる傾向です。

ニッチキーワード(ロングテールキーワード)は
より具体的な悩み解決になるキーワードなので
成約しやすいキーワードになるものも増えてきます。

ブログ初心者が選ぶべきキーワードとまとめ

つまりブログ初心者が選ぶと効果的なのは
ニッチキーワード(ロングテールキーワード)ですね。

視野を広げたり俯瞰したりして
ライバルが少ないけれど
ちゃんと検索も少しはある
ニッチキーワードを見つけて
ブログにアクセスを増やしてくださいね。

簡単にまとめます。
記事のキーワードには2種類あって
成約キーワードと集客キーワード

どちらの場合も
検索ボリュームの量で
ビッグキーワード、スモールキーワード
ニッチキーワード(ロングテールキーワード)
に分けることが可能

ブログ初心者は、ライバルが少ない
ニッチキーワード(ロングテールキーワード)を選ぶのがコツ

こちら関連動画もどうぞ
内容はだいたい同じですが、具体例が少し違います。
そして耳からも聞くことで脳にインプットされやすいので
身につきやすいです。
ブログ記事のキーワードとは?選び方のコツ!ツールも紹介 10:53

キーワード選び関連の記事や動画案内

なおライバルが少ないけれど
ちゃんと検索されているニッチキーワードの選び方に
関する詳しい細かいコツは以下の動画や記事をじっくりどうぞ

キーワード選び、自分目線で連想してみよう!【ブログノウハウ】7分20秒

キーワード選びの簡単なコツ!まとめ【保存版】【ブログ初心者】

ロングテールSEOは、これからも有効?【ブログ初心者】

◆ブログを作って実践中なのに
キーワード選びも商品選びも
記事の書き方も思ったようにいかないし
アクセスも成果も増えないという人や更に加速したい人で
教材を元に自力でチャレンジしたい人は
Twitter集客フル活用講座のブログ編をどうぞ
詳しくは→ サト愛のTwitter集客フル活用講座(教材付き)募集ページ

◆ブログを作って実践中なのに
思ったようにいかない人や更に加速したい人で
補助マニュアルやサト愛の具体的なサポートも必要だと思う人は楽楽スクールをどうぞ
詳しくは→ 楽楽スクールマニュアルの内容とメリットは?

関連記事