キーワードの違いで成約率が変化!購買意欲やブログアクセスの関係と注意点

ブログ初心者で収入を得るコツ - キーワード選び

キーワードの違いで成約率が変化!購買意欲やブログアクセスの関係と初心者の注意点についての話です。

キーワードを選ぶ時に何を考えて選んでいますか?

その前にキーワードって何かな?と思う人もいますよね。

Googleなど検索窓で入れる言葉をキーワードと呼んでいます。

鍵になる言葉ですね。
内容を把握する手がかりになる言葉です。

記事タイトルにキーワードを入れることで記事内容が検索者にもわかるので目印になります。

だから記事タイトルにはキーワードを入れましょう。

そこで今回の話であなたが得られる事は
ブログ記事のキーワードの違い(ニッチキーワードやビッグキーワード)でターゲットの購買意欲とアクセス数が大きく変化し成約率も変わるのでブログ初心者が注意すべきことを図解や具体例と一緒に学べる点です。

続きは記事を詳しく説明の動画でどうぞ
キーワードで購買意欲やアクセス数が変化する!成約数を伸ばすコツ【ブログ初心者は注意しよう】11:26

文章で概略を把握したい人は以下からどうぞ

キーワードの違いとターゲットの購買意欲

キーワードには、一般的なキーワードでアクセスが多いビッグキーワードとニッチキーワード(ロングテールキーワード)があります。

例えば、花はビッグキーワードですね。

しかしピンク色の紫陽花の花束は、ニッチキーワードです。

ターゲットの希望が細かく入ったキーワードがニッチキーワードと言えます。

成約キーワード(購買意欲が高いキーワード)はニッチキーワードです。
集客キーワードは、ニッチキーワードもありますがビッグキーワードも多いです。
もっと詳しいことは以下の記事を参考にどうぞ
キーワードの基本!ビッグキーワードとニッチキーワード【ブログ初心者】

ビックキーワードは、ターゲットの具体的な希望が加わる前のキーワードなので、購買意欲は低いキーワードになります。

キーワードと購買意欲の関係やアクセス数などの関係を図解したので以下をどうぞ
キーワードと購買意欲の関係図
図を見ると一目瞭然ですね。
ビッグキーワードで検索する人は、商品やサービス知識がない人です。
例えば花の例なら、漠然と、花について調べている人です。
だんだん具体化した関連キーワードがプラスされていきます。

商品やサービス知識がないキーワード(花)
(ビッグキーワード)

商品に興味が少しあるキーワード(ピンクの紫陽花)

商品を買うかどうかで悩み中のキーワード(ピンクの紫陽花と青の紫陽花)

商品が欲しい購買意欲が高いキーワード(ピンクの紫陽花 苗 購入できる店)(ピンクの紫陽花 花束 プレゼント 購入)
ニッチキーワードになります。

アクセス数で見ると購買意欲が高い人は
ニッチキーワードで検索するのでアクセス数が少ない傾向です。

商品やサービスにまだ興味がないが、知識として調べ中の人は、
ビッグキーワードで検索するのでアクセスが多い傾向です。

ビッグキーワードで調べて知識を得てから、次のステップで関連キーワードをプラスして調べたり、
同じサイト内で興味がある商品やサービスを見つけたりします。

このように記事タイトルのキーワード選びをする際に、
この記事は、どの位置にいるターゲットを対象とした記事なのか?を把握しておく必要があります。

ブログ初心者が、選ぶキーワードは、ビッグとニッチのどちら?注意点も

◆キーワードと購買意欲の関係やアクセス数の違いがわかったところで、
次にブログ初心者が、選ぶキーワードは、ビッグキーワードとニッチキーワードのどちらか?という話になります。

答えは、ニッチキーワードの方です。
アクセス数は少ないのですが購買意欲が高いので成約率も高くなります。

購買意欲が高いキーワードで検索する人は、商品やサービスを知っている人ですね。

だから商品名やサービス名入りのニッチキーワードが購買意欲が高いキーワードになりやすいです。

もちろん商品を販売している会社名と商品の特徴を合わせたものも購買意欲が高いキーワードになりやすいです。

特にアフィリエイトにおいては、少ないアクセスでも購買意欲が高いターゲットが選ぶキーワードの方が成果が増えやすいです。

そしてビッグキーワードは、企業やドメイン力が強いサイトが上位を占めています。
だからブログ初心者が同じキーワードで記事を書いても、検索エンジンで上位表示できる可能性はかなり低いです。

だからブログ初心者で記事数も少ない場合は、ビッグキーワードを選ばないように注意しましょう。

つまりブログ初心者のブログで記事タイトルを決める際は、できるだけニッチキーワードを選ぶ方が成果が発生しやすくなります。

ドメイン力が低くても、ニッチキーワードならGoogleなど検索エンジンで上位表示できる可能性もあるからです。

もちろんアクセスは少ないです。

先ほどの図でもわかるように上に行くほど、アクセス数は減りますが購買意欲は高くなります。

だから、ブログ初心者が選ぶキーワードは、購買意欲が高いニッチキーワードです。

もちろんこれはGoogleなど検索エンジン対策のSEOにおける話です。

Twitter連携などSNSを連携している場合は、
少しくらいビッグキーワードの記事タイトルでもアクセスはきます。
集客には一般的な悩みのキーワードで記事を書いて
Twitterで紹介するのもアクセスが増えやすく効果的です。

Twitterとブログ連携のコツは以下の記事でどうぞ
上手く行くと10分後に成約したりします。
Twitter連携でブログ記事公開10分後に成果発生7つのコツ!

ただやはりSNS経由でも、購買意欲が高いのはニッチキーワードです。

具体的になればなるほどアクセス数は減りますが購買意欲は高くなります。

もちろん購買意欲が低いニッチキーワードもあります。
知的好奇心で調べているだけだったりもあります。

しかしそれをキッカケにして自分の中にある潜在的な悩みを解決できる商品が紹介してあれば興味を持ちます。

そういう意味でも、成約目的ではない集客目的の記事でもブログ初心者のうちは、ニッチキーワードを選ぶ方が効果的です。

ドメイン力がつくとビッグキーワードでも上位表示されてアクセスが増えることもあります。

まとめ!キーワード選びと購買意欲やアクセス数の関係!ブログ初心者の注意したい事

◆ではキーワード選びと購買意欲やアクセス数の関係!ブログ初心者の注意したい事をまとめます。

今回は、キーワードを選ぶ際に考えたいターゲットの購買意欲とアクセス数の関連性とブログ初心者がキーワード選びで注意すべきことを図解や
具体例と一緒に話しました。

図解をしっかり覚えておくと便利です。

違う例で話しますね。
商品やサービス知識がないキーワード(マーマレード)
(ビッグキーワード)

商品に興味が少しあるキーワード(アヲハタまるごと果実オレンジ)

商品を買うかどうかで悩み中のキーワード(アヲハタまるごと果実 オレンジ アンズ どちら)

商品が欲しい購買意欲が高いキーワード(アヲハタまるごと果実 オレンジ 購入 店)
ニッチキーワード

だからブログ初心者は、アクセス数が多いけれど成約率が低くライバルも多いビッグキーワードは選ばないように注意しましょう。

アクセス数が少なくても成約率が高くライバルが少ないニッチキーワードを選ぶと上手くいきやすいです。

だんだん記事数が増えてきたら、ロングテール効果で少しずつアクセスも増えてきます。

あなたのブログの成約率がアップしますように応援します。

関連記事