読まれるブログを書く7つのコツを具体的に!【ブログ初心者】

ブログ初心者!アフィリエイトのコツ - 記事の書き方やコンテンツのこと
読まれるブログを書く7つのコツを具体的に!【ブログ初心者】

読まれるブログを書く7つのコツについて具体的に書いた【ブログ初心者】に役立つ情報です。

ブログを書くときに読む人の事を考えて書いていますか?

もし何も考えずに書いているとしたら
読みにく文章になっている可能性がありますよ。

ブログ初心者でも
少し注意して記事を書くようにすれば
読まれるブログになります。

読まれるブログになると、滞在時間が増えるので
Googleの評価もアップしますよ。
もちろんユーザーのブログへの信頼も増します。

読まれるブログにする為のコツは色々ありますね。
その中でも、私がいつも注意している7つを紹介します。

読まれるブログを書く7つのコツ

ブログ初心者でも読まれるブログを書く7つのコツは、Twitterでも先日呟いていました

以下に再掲します。

 

1オリジナルな文章を書く
2キーワード入りの記事タイトル
3目次も使おう
4見出しにも関連キーワードを入れよう
5改行して読みやすい文章
6書き出し部分を特に工夫しよう
7イメージ画像も入れて見やすさを確認しよう

 

以下でそれぞれについて詳しくコツを解説します。

オリジナルな文章を書く

ブログ初心者でも読まれるブログになる為には、個性が大事です。

つまりオリジナルな文章を書く必要がありますよ。

オリジナルと言われても調べた事なんだど・・
そう思いますよね。

ブログ初心者ではなくても、
全てがオリジナルな記事は、小説でも難しいです。

そこでオリジナルな記事にするには、
調べたことを自分の言葉で置き換えます。

なおかつ実践できれば実践して体験します。

体験できない事なら、調べたことに関する
自分の考えを明確にしてそれを記事に書くといいですよ。

記事の中で自分の考えや体験がメインになるイメージです。

具体的なオリジナル記事の書き方はこちらの動画を参考にどうぞ。
リライトで別記事オリジナルに仕上げる具体例!【ブログノウハウ】

キーワード入りの記事タイトル

そして読まれるブログになる為には、キーワード入りの記事タイトルが必須です。

ブログへの訪問者は、ブログのファンの人以外では
キーワード検索から来る人と
SNSなどから記事に来る人が考えられますね。

ブログのファンの人は、タイトルが何であれ
新しい記事を読むのを楽しみにしているので問題ないですね。

しかしブログ初心者は、まだまだファンが少ない状態です。

だから多くの訪問者が、記事タイトルをみて
記事を読むかどうか判断するはずです。

キーワードを記事タイトルに入れる必要がありますよ。

記事の読まれ方が違います。
何について書いてあるのか明確にする事で
読んでもらいやすくなるからです。

キーワードとキャッチコピーもプラスして
読みたくなる記事タイトルを工夫しましょう

そしてメインキーワードが記事タイトルの左にきた方が
検索窓で検索した時もキーワードが目立つのでおすすめです。

TwitterなどのSNSで紹介する場合もキーワードが
最初に目に入る方が興味を持ってもらえるので
キーワードを記事タイトルの左におきましょう。

例えばこの記事タイトルは、
読まれるブログを書く7つのコツを具体的に!【ブログ初心者】
ですね。

メインキーワードは
「読まれるブログ」です。

だから、一番左に
読まれるブログと書いていますよね。

これが
【ブログ初心者】7つのコツを具体的に!読まれるブログについて
だと、読まれるブログが後方なので、
メインキーワードが目立たないんですよ。
そうなると、読まれるブログについて知りたい人が
気づかずにスルーされる可能性もあるわけです。

だからメインキーワードを記事タイトルの最初の左から書くことを
意識するようにしましょう。

関連記事もどうぞ。
記事タイトルの文字数とキーワード数はいくつ?

キーワード選びの簡単なコツ!まとめ【保存版】【ブログ初心者】

目次も使おう

2000文字以上になると、目次もある方が親切です。
目的の部分にすぐに飛べるからです。

実際私も記事をみて目的の部分を探す為に
目次を探すことが多いです。

長文で目次なしの記事は、直帰することが多いです。
探すのに時間がかかるからです。

見出しがあっても目次がない場合は、
目次もつけておきましょう

WPブログなら目次プラグインがあるので簡単です。

私がよく使うのは自動的に目次を生成する
Table of Contents Plus です。

見出しタグを拾って自動で目次を作ってくれます。

見出しにも関連キーワードを入れよう

見出しにも関連キーワードを入れることで読まれるブログになりやすいです。

目次に表示される見出しに関連キーワードがあれば
ユーザーが自分がみたい見出し部分に飛ぶことが簡単ですね。

見出しがわかりにくい場合は、目的の内容があるのか
わからないので、ユーザーに不親切です。
長文の場合、全ての文章を読むのは大変なので直帰されやすくなります。

見出しに関連キーワードを入れることで
グーグルにも大事なキーワードとして認識されて
メインキーワードとの組み合わせで上位表示される可能性も出てきます。

見出しにも関連キーワードを忘れずに入れましょう。

こちら関連動画もどうぞ
ブログ記事に見出しは必要?3000文字だと、いくつ?付け方のコツは?

改行して読みやすい文章

改行して読みやすい文章にすることも、読まれるブログに必須です。

ブログ初心者だと、改行なしで記事を書く人も時々見かけます。

ほとんどの人は文章が詰まっていると読む気が無くなります。

だから適度に改行して読みやすさを確認しましょう。

実際にスマホで読んでみて修正するといいです。

1文章1改行にすることが私は多いです。

句読点も適宜つけましょう。

漢字が多すぎても読みにくいので、その辺りも調整しましょう。

文字装飾もするといいですね。

大事な部分を大きくしたり赤文字にしたり黄色いマーカーなどで目立たせるのも良いです。

ただ使いすぎると目がチカチカして逆効果なのでバランスも考えましょう。

そして文章に緩急をつけると読みやすい傾向です。

必要に応じて箇条書きや表も使うと読みやすいですよ。

書き出し部分を特に工夫しよう

読まれるブログにするために特に書き出し部分を工夫したいですね。

ここが続きを読みたいと思うような書き出し方が大事です。

続きを読みたいと思うような書き出しって?
そう思いますよね。

キーワード検索から来る人には
キーワードの答えが書かれている事実が書き出しには必須です。
ここがあやふやだと直帰されます。

SNSなどで目的なく見ている人も
記事タイトルを見てきているはずなので
キーワードの答えが書かれている事実を書き出しに書きます。

SEOでキーワード検索でくる人をメインの場合は
そこまで工夫しなくてもキーワードの答えが
書いてあるとわかれば、読んでもらえます。

しかし暇つぶしにタイムラインを眺めていて
目についた案内を見ただけの人には
書き出しで、「何だろう?この先どうなるの?
という疑問が出てくる方がしっかり読んでもらえます。

だから、出だしで結論を書くのは大事ですが
全てを書くのではなく、一部を書いて
続きや理由は、以下で詳しく解説しますとした方が
読んでもらえます。

具体例をこちら関連動画の終わりの方で喋っていますのでじっくりどうぞ
読まれるブログを書くコツ!大事な注意点の具体例!

イメージ画像も入れて見やすく!

ブログ記事内容にぴったりなイメージ画像も入れて見やすくすることで
読まれやすいブログになります。

特に女性は、文字ばかりより画像もある方がイメージしやすいです。

ぜひ、ぴったりなイメージ画像をトップに加えましょう。

見出しごとに加えるのもいいですね。

画像を使いすぎて重くならないように
適宜、画像圧縮して軽くしましょう

私はブログで画像を使う場合は、著作権フリーのPHOTO-ACというサイトをよく使います。
http://rose.chu.jp/raku/acphoto.html

画像圧縮ツールは、有名なパンダのツールを使っています。
https://tinypng.com/

上記の使い方は、こちらスタッフ北の記事をどうぞ。
ワードプレス(WP)にアップロードする際に画像の圧縮は必須?

関連動画も参考にどうぞ
【ブログノウハウ】ブログ記事に画像は、いくつだと効果的?ヘッダー画像は?

 

読まれるブログを書く7つのコツまとめ【ブログ初心者】

ブログ初心者でも読まれるブログを書く7つのコツまとめです。

もう一度以下にまとめます。

1オリジナルな文章を書く
2キーワード入りの記事タイトル
3目次も使おう
4見出しにも関連キーワードを入れよう
5改行して読みやすい文章
6書き出し部分を特に工夫しよう
7イメージ画像も入れて見やすさを確認しよう

ぜひ、上記7つを意識して読まれるブログを育ててください。

◆なお工夫しているけれどなかなか読んでもらえないし成果も出ない人は
記事の書き方マニュアルの楽楽ライティングをどうぞ
楽楽ライティングであなたの記事も売れやすい記事へ!
売れやすいブログ記事の書き方が身につく人気教材です。

関連記事