文字を増やしてみて2週間後の検証風景

SEOアフィリエイト(サイトアフィリエイト)コツ - 記事の書き方やコンテンツのこと
文字を増やしてみて2週間後の検証風景

文字を増やしてみて2週間後の検証風景

最近は、文字を増やすほうがいいみたいなので
(文字を増やすというよりコンテンツの充実ですね)
順位が下がった記事に文字を5000文字くらい増やしてみました。

別の記事は2000文字

また別の記事は3000文字

追記:
キーワードも考えて役立つ内容で文字を増やしています。

それでどうなるか観察してみたら・・

一番成果が出ているのは、2000文字。
ほぼ回復していると言えます。

順位は、どれも少しだけアップしました。

その傍ら、いつもの1000文字とか600文字の記事から
ニッチなキーワードで成果も・・・

う〜〜〜ん。

これはどういうことかというと・・・

順位が少し回復してアクセスがきても、文字数が増えた分、
クリック率が低下しているので期待したほどの成果アップになっていないみたいです。

コンテンツ充実で順位がアップするのは確かです。
しかしぐんぐん上がるというより、じわっとアップという感じです。

あとは良質なバックリンクを自然に送ることかなと感じました。

なので次は、リンクを送ってみます。

ただ中身が薄い記事のままだと、バックリンクしてもあまり順位は変わらないです。

なので順番としては、

まず記事内容を充実させる。
つまり内容を濃くして文字数を増やす。

その後、自然な感じで質が良いブログやサイトからリンクを送る

こんな感じだとうまくいくようです。

ツールや買ったリンクだと逆効果になりますから注意です。

活きてるリンクを送ることでアップしやすくなります。

今までもそうでしたが、地道な作業がこれからも必要と言えます。

ただですね・・今でも400文字くらいの無料ブログ記事で
ずっと3位のキーワードで
もう3年くらい毎月売れ続けているものもあります。

それを見るたびに・・ライバルが少ない
ニッチだけど売れやすいキーワードをもっと見つけようと思ったりします。

バックリンクもなしで自然に上位表示で
売れていくから、一番楽だなと思います。

というわけで、ライバルが多いものは
記事の充実と質が高いバックリンクを意識するといいです。

コンテンツの充実は、ライバルが多くても少なくても
意識していきたいですね。

ユーザー目線で考えるといいです。

役立つ記事を書こうと思えばいいわけです。

質の高いコンテンツを書くためのポイントについて詳しく
学べるのが楽楽ライティングです。

そして内部SEO対策が特に大事です。

内部SEO対策も楽楽ライティングで記事を書けば自然に身に付く仕組みです。

記事タイトルの具体例も出てきます。

記事を楽楽ライティングの手法へ修正するだけで成約率がぐんっと伸びます。

アフィリエイトで稼ぐには
商品選び、キーワード選びも大事なのですが
もしかすると、記事の書き方が一番大事かなと感じます。

楽楽ライティングで魅力的な売れやすい記事の書き方のコツを身につけてください。
レビュー→楽楽ライティングであなたの記事も売れやすい記事へ!

関連記事