初心者ブログでのキーワード選びのコツ!失敗例アリ【ブログ初心者】

ブログ初心者で収入を得るコツ - キーワード選び
初心者ブログでのキーワード選びのコツ!失敗例アリ【ブログ初心者】

初心者ブログでのキーワード選びのコツ!失敗例アリ【ブログ初心者】の話です。

あなたはブログを書く時に
キーワードを意識していますか?

キーワードを意識していても
記事数が少ないうちは
Googleやヤフー検索からの
アクセスは殆どないですよね。

特に出来立てワードプレスブログの場合は
最初の頃は自分以外のアクセスは
ほとんど来ない状況です。

そして記事数が増えても
キーワード選びが今一歩だと
検索経由でのアクセスも増えないままです。

キーワード選び、とても大事です。

そこで今回の話であなたが得られることは
ブログ初心者でも可能な出来立てブログでの
キーワード選びのコツについて
失敗例や具体例とともに学べる点です。

続きは動画でどうぞ
急ぐ場合は1.5倍速で聞くと時間短縮できます。
出来立てブログでのキーワード選定のコツ!失敗例アリ【ブログ初心者でもOK】

8:21

文章で続きを確認したい人は以下からどうぞ

初心者ブログでのキーワード選び失敗例

◆ではまず、ブログ初心者の出来立てブログでのキーワード選び失敗例を話します。

例えば、
資産運用をブログのテーマに選んだからと
資産運用
というキーワードだけで記事を書いても
ライバルが強すぎてアクセスはこないままです。

これはキーワードを記事タイトルに入れているけれど
ライバルが多すぎて、3ヶ月以上経ってもGoogleやヤフーの
検索で圏外のままという場合です。

私もそうでしたが、初心者のうちは、特に間違いやすい部分です。

ライバルが多く強すぎるキーワードは
誰もが思いつくキーワードです。
先ほどの資産運用もそうですね。
ダイエットなどもそうです。

そんなキーワードは検索者も多いので
検索ボリュームも多くて
需要があるキーワードです。

だからそんなビッグキーワードで
10位以内に入れば稼げます。

稼げますが上位表示できなければ
当然ですが稼げないままですね。
つまり失敗しているキーワード選びと言えます。

ブログ初心者でもOKなキーワード選び

失敗例がわかったところで
◆ブログ初心者でもOKなキーワード選びについてです。

ライバルが多く強すぎるキーワードを避けることでしたね。

そんなライバルが多く強すぎるキーワードかどうかは
検索ボリュームを見るとわかります。

あるいはもっと簡単に見極めるには
検索した際に個人ブログが1個もないと
ライバルが強すぎるとわかります。

企業サイトや有名サイトなどばかりが
10位以内にいるキーワードは、そのまま使うのは諦めましょう。
視点をずらしたメインキーワードを変えて
更に関連キーワードを2語から3語加えてニッチキーワードに変えましょう。

検索してみて10位以内に
個人ブログや無料ブログが見つかったら
チャレンジしても良いキーワードと言えます。
その場合も関連キーワード2語から3語加えて
更にニッチキーワードに変えましょう。

自分の記事タイトルの予定メインキーワードで
実際にGoogleの検索窓で検索してみるといいです。

先ほどの例なら、資産運用 と入れてみるといいですね。

そういうビッグキーワードは
関連キーワードを2語から3語くらい追加して
ニッチキーワードに変更するといいです。

例えば先ほどの例なら
資産運用に関連キーワードを追加してみます。

資産運用 仮想通貨 失敗談
とか
資産運用 株 失敗談
とかですね。

これでもライバルが多そうなら
組み合わせる関連キーワードを更に足したり
変更するといいです。

関連キーワードは
無料のラッコキーワードツールを使うと沢山出てきます。
そこからライバルが少ない組み合わせを選ぶといいです。

ラッコキーワードツールの使い方は以下でどうぞ
ブログネタの簡単な探し方「ラッコキーワードツール活用」とその他の記事ネタ探し

ブログネタの簡単な探し方「ラッコキーワードツール活用」とその他の記事ネタ探し

特に集客記事の場合は、集客を目的とした記事なので
ニッチキーワードでライバルが少ないけれど
ある程度検索されるキーワードを選ぶようにしましょう。

ニッチキーワード選びで迷ったら
商品名やサービス名、書籍名
地域名や専門用語など固有名詞を使うのも効果的です。

例えば有名な本以外の書籍名や
著者名は大抵ニッチキーワードになります。

なおニッチキーワードとビッグキーワードの違いなど
キーワードについてもっと詳しくは以下でどうぞ
キーワードの基本!ビッグキーワードとニッチキーワード【ブログ初心者】

キーワードの基本!ビッグキーワードとニッチキーワード【ブログ初心者】

そしてターゲット設定を細かく決めると
細かい悩みがわかるので
キーワードも細かく設定できます。

ターゲット設定が難しい場合は、
過去の自分をイメージすると簡単です。

ターゲット設定について詳しくは以下をどうぞ
ブログ記事のターゲット設定とは?ペルソナ設定まで必要?

ブログ記事のターゲット設定とは?ペルソナ設定まで必要?

ただキーワード選びにばかり時間をかけて
記事が書けないと困りますよね。

だからある程度記事タイトルに入れる
キーワードを決めたら記事を先に書くといいです。

書いた後に記事タイトルのキーワードを変更すれば良いからです。
もちろん記事内容にぴったりな記事タイトルにしましょう。

記事タイトルの決め方については以下をどうぞ
言葉は金なり!記事タイトルやキーワード選びでアクセスも収入もup

言葉は金なり!記事タイトルやキーワード選びでアクセスも収入もup

記事タイトルだけではない!初心者のキーワード選定

◆次に記事タイトルだけではない!キーワード選定という話です。

どういう意味かというと、記事タイトルにキーワードを入れるのは
必須なんですが、記事内容にもキーワードは必須です。

記事タイトルと記事内容の一致が必須だからです。

これは読者目線で考えると当然ですね。

記事タイトルを見て答えが知りたくて
記事を読むのに、いつまで経っても
答えが書かれていなかったら、
ガッカリしますよね。

記事タイトルの答えを記事に書くということは
自然にキーワードや関連キーワード、
共起語が含まれる筈です。

とはいえ記事を読み直してみて
明らかに記事内容にキーワードが少ない場合は
自然な感じで書き足しましょう。

例えば
これをすることでお金がお金を産む仕組みができますね

という文章ではなく
資産運用することでお金がお金を産む仕組みができますね

と書き直すといいです。

これなどの指示代名詞をキーワードに書き換えることで
読者にも親切ですしGoogleからの評価もアップします。

なお見出しにも関連キーワードを入れておくと
記事タイトルとの一致がわかりやすいので
高評価に繋がります。

ターゲット設定した
読者目線で考える習慣にすると
キーワード選びでも簡単になります。

初心者ブログでのキーワード選びのコツ!失敗例もアリ【ブログ初心者】まとめ

◆ではまとめます。

今回は、ブログ初心者が出来立てブログで
キーワードを選ぶ時のコツを失敗例も交えて話しました。

簡単に一言でいうと
ニッチキーワードを選ぶことがコツでしたね。

出来立てブログでのキーワード選び失敗例は、
一般的でライバルが多いビッグキーワードを
記事タイトルにしてしまっている例でした。

とても多く見かける事例なので
自分のブログの記事タイトルの
キーワードを確認してみてください。

そしてブログ初心者でも
OKなキーワード選びのコツは
メインキーワードに関連キーワードを
2語から3語加えたニッチキーワードです。
ライバルは少ないけれど少しは検索されている
キーワードを選びましょう。

そして記事タイトルだけではなく
記事内容にもキーワードを入れましょう。
これ、あれなどの指示代名詞ではなく
キーワードを入れることでわかりやすくなり
グーグルからの評価もアップします。

見出しにも関連キーワードを入れて
記事タイトルとの関連性を深めると効果的です。

参考にして、検索からもアクセスが来るブログを育成してみてください。

◆色々実践しているけれど思ったように
アクセスも増えないし成果も出ないと悩む人や
具体的に個別サポートして欲しいと思う人は、楽楽スクールをどうぞ
再現性が高い最新の独自マニュアルや記事添削やブログ添削などの個別サポートが人気です。
楽楽スクールマニュアルの内容とメリットは?

サト愛のアフィリエイト方法の秘密を知りたい人にピッタリ!
ブログや動画に+αした内容で学べると人気の裏メルマガ。秘密の新レポートもプレゼント中!
こちら↓からどうぞ。無料です

関連記事