苦手を克服するコツと克服しなくて良い場合

マインドセット・自己啓発
苦手を克服するコツと克服しなくて良い場合

今回は苦手を克服するコツと克服しなくて良い場合の話です。

苦手な事は出来るだけ避けたいですよね。

私は今も苦手な事がいっぱいです。

苦手な事は、全て避けて生きていきたいですが
避ける事ができない場合もあります。

そんな避ける事ができなかった
苦手なことを克服してきた体験から
得たコツを話したいと思います。

そこで今回の話であなたが得られるメリットは
克服しなくても良いケースも知りつつ
苦手な事を克服する5つのコツを具体例と共に学べる点です。

苦手なことを避けても良い時と克服した方が良い時の違い

◆まず、苦手なことを避けても良い時と克服した方が良い時の違いからです。

苦手だからと、何でも克服しなくても良いですよね。

反対に、苦手でも克服せざるを得ないというか
どうにかしたいと思うケースもあります。

これは見極めは、簡単というか、当然なのですが
自分の楽しい生活に支障がなければ、苦手なことはしなくてもOK
スルーしちゃいましょう。

例えば私の例だと、リズム感がなくてダンスが苦手です。
でも、できないままでも生活に支障はないですよね。

憧れはありますが、見るだけで楽しいので、
頑張って自分も踊れるようになろうとはしていないです。
その時間があったら、好きな事に時間を使いたいなって思います。

はい、これが苦手な事もスルーしているケースですね。
他にもスルーしている事は色々沢山あります。

自分が苦手でも得意な人に任せることで解決してOKな事も多いです。

反対に、苦手でも克服せざるを得ないというか
楽しい生活を送る為にも
どうにかしたいと思うケースもあります。

私の体験の一例を話します。
それはパソコン操作です。
今は最低限の操作はできますし
ネットの仕事なので必需品です。

パソコン操作は、
最初は生活に関係ないのでスルーできていました。

はい、まだパソコンが出たばかりの頃は
使えなくても生活に支障はないのでスルーしていました。
できたら便利そうだなと思いつつも・・
大学の授業で学んだだけでした。

それから20年くらい経って
パソコンも普及してきて
ネット環境が整ってきた頃
日記をネット上で公開できたら楽しいのではないかな?と考えました。
そこでパソコン操作は苦手なままでしたが
必要性を強く感じてチャレンジする事にして
今の楽しい日々があります。

なお、知らないだけで苦手意識があるケースもありますよ。
苦手意識で何となく苦手な場合は、案外簡単に克服できます。

苦手なことを克服するコツ

◆ここで苦手なことを克服するコツを話しますね。

まず、苦手意識で何となく苦手な場合は、
確かめる勇気を出す事で克服できます。

確かめて本当の状態を知る事で苦手ではなくなるケースも多いです。

例えば、私は幼い頃
シュークリームが食べれませんでした。
形が苦手だったんです。
頭の中で気持ち悪いイメージでした。

しかしある日勇気を出して食べてみたら
大好きなカスタードクリームが入っていて
美味しいと気づきました。
苦手意識から好きに変わった瞬間です。

このように
イメージだけで苦手と思っているケースは
確かめる勇気を出して真実を知るといいです。

しかし真実を知っても苦手な場合も多いですよね。
スルーしても楽しい人生に影響がなければスルーしましょう。

例えばピーマンが苦手なら無理して食べなくてもいいわけです。
代わりの野菜は色々ありますね。

しかし苦手だからとスルーしていると
楽しい人生にならないよという場合や
克服する必要性があると感じたら
●まず勇気を出して「思い」を強化しましょう。

思いだけでは、うまくいかないよという意見もわかります。

しかし最初に、自分の中で
苦手だけど、これの為に克服したい、
そして変わるんだ、出来る自分になりたいんだという
強い思いが沸き起こる場合、うまくいきます。

私もパソコンを使えるようになったのは
できる自分になりたい!という強い思いがあったからです。

つまり苦手な事でも必要に迫られたり
自分の希望を叶える為に必要だと
強く思ったら案外、大抵の事は克服できます。

思いが大事です。

思いを強くしたら考えましょう。
どうすれば克服できるかな?

思いが強くても
最初から完璧に苦手を克服するのは難しいものです。

だから、少しずつ視点をずらして
出来るに変えていくといいんです。

どういう意味かというと・・

好きな事を少しずつ組み合わせて楽しみを増やします
そして部分的に出来ることを増やして習慣化していくんです。

例えばパソコンが苦手だけど、克服したい場合
パソコン操作を覚える際に
好きな花や空や風景写真を撮って
ブログに載せようということを組み合わせます。

好きなことが加わるので
思いも強化されてやる気も出てきます。

そして簡単に出来ることから少しずつチャレンジします。
実際に私がやったことは
パソコンの電源を入れる事ができた。
画像を取り込んでブログにアップできた
文字を入力できた
これを毎日の習慣にして練習します。
少しずつ出来ることが増えてきます。

こんな感じで
パソコン操作を覚えるにしても
好きなことを組み合わせて
楽しく習慣になるように意識を持っていきました。

すると苦手な先に好きなことがあるので
少しずつ出来るようになっていったんです。

勉強でもそうですね。
英語の教科書を読んでも楽しくないです。
しかし好きな映画を字幕なしで見たいという
思いが加わわって組み合わせて練習すれば
英語苦手からも克服できます。

これはどんな場合も使えます。

苦手だけど克服したい
克服する必要ありと思ったら
苦手な事に好きな事を組み合わせて楽しみを増やします。
そして部分的に出来ることを増やして練習する事で克服可能です。

あとは、克服後のメリットに目を向けるようにします。

できない自分から出来る自分への変化も実感できます。

苦手を克服するコツと克服しなくて良い場合まとめ

◆では苦手を克服するコツと克服しなくて良い場合をまとめます。

自分の楽しい生活に支障がなければ、
苦手なことはしなくてもOKでしたね。
スルーしちゃいましょう。

自分が苦手でも得意な人に任せることで
解決してOKな事も多いです。

次に苦手なことを克服する5つのコツもまとめます。

シンプルに言うと
1確かめる勇気
2思いを強化
3楽しみと出来るを追加
4メリットに注目
5練習して習慣化

この5つです。

確かめる勇気
●勇気を出して確かめる事で本当の状態を知ろう

思いを強化
●克服する必要性があると感じたら「思い」を強化しよう

楽しみと出来るを追加
●苦手な事に好きな事を組み合わせて楽しみを追加
そして部分的に出来ることを増やして練習しよう

メリットに注目
●克服後のメリットに目を向けるようにします。

練習して習慣化
●1から4を実践して習慣化します。

習慣になると少しずつ
できない自分から出来る自分への変化も実感できます。

苦手を克服できると
可能性は無限大を味わうこともできます。

楽しみを加えて苦手を克服してみてください。

◆この記事とほぼ同じ内容を動画でも喋っています。
耳から聞くと記憶に残りやすいです。
復習にも繰り返し聞いてみてください。
急ぐ場合は1.5倍速で聞くと時間短縮できます。
苦手を克服する5つのコツと克服しなくて良い場合 8分56秒

関連記事