自信をつける方法!自信を得る簡単な5つのコツ

マインドセット・自己啓発
自信をつける方法!自信を得る簡単な5つのコツ

今回は、自信をつける簡単なコツ!いかにして自信を得るか?について話します。

自信を持ちなさいと言われても
ちっとも自信なんか出ないよ。
ダメダメなところばかり・・と
自分にダメ出しばかりしていませんか?

私もずいぶん長い間
自分に自信がなくて
ダメな自分を嘆いていました。

今も無意識になると
自分にダメ出ししていますよ。
しかしそうなっても
ちゃんと簡単に自信を得る方法を身につけたので
直ぐに意識的になって自分に自信を出すことが
できるようになっています。

そこで今回の話であなたが得られるメリットは
自分に自信が持てない原因5つと
自信をつける簡単な対策5つを
体験から学べる点です。

続きは以下の動画でどうぞ
急ぐ場合は1.5倍速で見ると時短できます。
自信が出ない5つの原因と簡単なコツを公開!8分17秒

文章で内容を確認したい場合は、以下でどうぞ。

自分に自信が持てない原因5つ

◆ではまず、自信が持てない原因からです。

自信が持てない原因は、色々考えられますね。

その中でも5つの原因が大きいと私は思います。

1失敗が怖い
2理想が高い、完璧主義
3成功体験がないと思い込んでいる
4他人と比較してしまう
5否定されたりイジメられた経験がある

自信をつける簡単な対策5つ

◆それぞれについて自信をつける簡単な対策5つを話します。

どれも私の体験から得た対策になります。

1失敗が怖いから自信がない場合の簡単な対策

●では1失敗が怖いから自信がない場合の簡単な対策からです。

特に未経験だとどんなことでも怖いから自信も出ないのが当然ですね。

そんな時は自信がないと下を向くのではなく
謙虚に「失敗するかもしれないけれどチャレンジしよう。
失敗も良い経験になるはず」と思うといいです。

失敗することは前提として考えて
失敗という経験を積もうと思えば、気持ちが楽になります。
自信がないからチャレンジしないという選択は消えます。

なんども失敗するうちに経験が増えてきます。
失敗に感謝しながら
成功するまでチャレンジするのがコツです。

失敗から立ち直って目標達成するコツは以下でどうぞ。
失敗して毎回落ち込む自分が目標達成する為のコツ

失敗して毎回落ち込む自分が目標達成する為のコツ

2理想が高く完璧主義で自信が持てない場合の簡単な対策

●次は2理想が高く完璧主義で自信が持てない場合の簡単な対策を話します。

これは100点を目指さないことです。
50点でも目標がクリアできたらヨシとします。
完璧を目指して同じ場所にいつまでもいると、ますます自信喪失になります。

だから条件をクリアできたら何点でもOKと考えを変えて
次のステップにチャレンジすると良い流れになります。

流れが良くなって失敗部分も含めた
自分を許せるようになると、
次へ進む勇気と自信が出てきます。

3成功体験がないと思い込んでいる場合の簡単な対策

●そして3成功体験がないと思い込んでいる場合の簡単な対策を話します。

成功体験がない人は、この世界にいないと私は思います。

歩けているということは、歩けるようになった成功体験があるんです。
喋っているということは、話せるという成功体験が既にあるわけです。

自分が思い描く成功体験ではなくても、既にこの世に生まれた時点で
生きているという成功体験から始まって、無意識に成功体験を積み重ねているんです。

そこに気づくだけでも、自信が沸き起こってきます。

歩けるまでの赤ちゃん時代の自分は、
一体、なんど転んだりして失敗してきたんだろう?
想像してみてください。

赤ちゃん時代の自分は
失敗したとか考えずに、
自信とかも考えずに、
ただひたすら歩こうと
何度でもチャレンジしているわけです。

そして何の苦労もなく今歩いているわけです。

赤ちゃん時代の自分に感謝ですね。

だから成功体験は既に沢山経験していると
気づくことで、静かに自信が蘇ってきます。
笑顔で上手くいっている自分をイメージするといいです。

4他人と比較してしまうことで自信を無くしている場合の簡単な対策

●次に4他人と比較してしまうことで
自信を無くしている場合の簡単な対策を話します。

他人と比較しないことです。
と言っても比較してしまいますよね。

そんな時は冷静になって、比較している相手と
自分を見るといいです。

育った環境も今持っているスキルも違うのに
比較なんてできるわけがないと気づくはずです。

だから他の人と比べることって不可能なのです。
不可能な事をしているから苦しくなってしまうんです。

それに相手も同じように自分と比較して
羨ましいと思っている可能性も大きいです。

隣の芝生は青く見えるものです。
無いものねだりは卒業です。

それでも、どうしても
比較したくなったら、過去の自分と比べましょう。

そして少しでも成長している部分に注目して
自分の価値を認めて褒めながらマイペースで前進するといいです。

5否定されたりイジメられた経験があるから自信が持てないの簡単な対策

●そして5否定されたりイジメられた経験があるから
自信が持てないの簡単な対策を話します。

結論を先に話すと
相性が悪い人との接触は減らして
勇気を出して自分の意見をしっかり言うことで対策できます。

私も小学生の頃、学校で酷いイジメを受けていて
否定されてばかりいました。

コンプレックスの塊みたいな子供でした。
うまく言葉が話せずぼーっとしていました。

イジメがトラウマみたいになって
ほんと自信が持てない自分が続いていました。
というか長い間人間不信でした。

どうやって克服したかというと
イジメるタイプの相性が悪い人とは
距離を置くようにしました。

どうしても避けられない場合は
自分は昔の自分と違うと自分に
なんどもなんども言いながら
リラックスするように練習していました。

以前は自分の意見をうまく言えずに
黙ってばかりいたのでイジメの対象になっていました。

だから練習して自分の意見を
しっかり言えるようになってからは
イジメもなくなり少しずつ自信も出てきましたよ。

自信が持てない原因の中で
過去のトラウマからの脱出が
私にとって最大の訓練となりました。

今は良き思い出で、
自分に勇気を与えてくれる
キッカケになったと感謝さえしています。

勇気と強さを身につけました。

自信をつける方法!自信を得る簡単な5つのコツまとめ

◆では、まとめます。
自信をつける方法の簡単なコツで
いかにして自信を得るかについて5つの原因と対策を
体験から話しました。

原因と対策を簡単にまとめます。

1失敗が怖い
→失敗前提で経験を積もうと思えば気持ちが楽になる
失敗経験にも感謝しよう

2理想が高い、完璧主義
→条件をクリアできたら何点でもOKと思考を変えて
次へ進む勇気を出そう

3成功体験がないと思い込んでいる
→赤ちゃん時代の成功体験に気づいて見習おう
笑顔で上手くいっている自分をイメージ

4他人と比較してしまう
→比較は無意味と気づこう。
自分の価値を認めて褒めながらマイペースで前進しよう

5否定されたりイジメられた経験がある
→相性が悪い人との接触は減らして
勇気を出して自分の意見をしっかり言う

以上5つの対策を意識して練習してみてください。
自信が創られ育っていきますよ。

つまり
自信は出すものというより
自信は創って育てるものだと私は思っています。

無意識になるとネガティブになりがちです。
ネガティブになると自信を無くしやすいです。

勇気を出して意識的に
どんな自分でも許しながら自信は創って
笑顔で楽しいことにチャレンジしていきましょう。

関連記事