• ワードプレスブログのカスタマイズ

カテゴリー:ワードプレスブログのカスタマイズ

記事一覧
ホームPage 1 / 512345

WPブログに入れたいプラグインと不要な物!【まとめ】【保存版】

ワードプレスブログのカスタマイズ

ワードプレスブログに入れるプラグインは何を入れると効果的ですか?
入れない方が良いプラグインもありますか?
などというプラグイン関連の質問を良くいただきます。

そこでサト愛が実際に使っているWPのプラグインや失敗したプラグインを書き出したいと思います。

サト愛が実際に使っているWPのプラグイン

楽楽スクールのサポートサイトのQ&A記事から一部抜粋します。

ほとんどのブログに私が入れているものをまとめると

All In One SEO Pack

Google XML Sitemaps

Table of Contents Plus

Classic Editor

この4つです。

さらにスピードアップの為に
Optimize Database after Deleting Revisions
というプラグインを入れているブログもあります。

a3 Lazy Load
こちらも入れて実験しているブログもあります。

その他は、必要に応じてプラスしています。

引用元:楽楽スクールのサポートサイトの
Q&Aワードプレスブログのおすすめのプラグインは?

*楽楽スクール生は、元記事をじっくりどうぞ。
それぞれの注意点やそのほかのプラグインについても詳しく書いています。

楽楽スクールって?そう思ったあなたは、こちらをどうぞ。
楽楽スクールマニュアルの内容とメリットは?

過去に紹介した使い方つきプラグイン

過去に紹介した使い方つきの他のプラグインについても再度紹介しますね。

他のプラグインではこの記事でも紹介しましたが
Classic Editorも入れています。
WordPress 5.0 にバージョンアップ(更新)した時のプラグイン「Classic Editor」図解

WordPressの公式プラグインです。
新しい記事管理画面は、使いにくいので旧式を採用しています。

他では、Pretty Linksも、短縮URLを作りたい場合は入れています。
ワードプレスで短縮URLを簡単に作るプラグインとは?

主に短期間で広告終了してしまう場合に有効です。
美容系ブログでは、あまり使っていません。

失敗したプラグインと注意事項

サト愛が過去に導入して失敗したプラグインと注意事項についても書きます。

WordPress Popular Postsの失敗例

まず、WordPress Popular Postsというプラグインです。
人気記事ランキングがサイドバーに使えて見やすくて便利なのですが・・
重くなりやすくトラブルも発生したことがああるプラグインです。

WordPress Popular Postsは
今もちゃんと失敗を活かして対策して
使っているブログもあります。

詳しい経緯はこちらをどうぞ。
プラグインWordPress Popular Postsの更新でエラー!の原因と対策

ただ今は、入れていないことも増えました。
理由は、私が良く使うテンプレートの
カエテングラフ
賢威8には、
すでに類似機能が装備されているからです。

シンプリシティーには、このWordPress Popular Postsを今も入れて使っています。
相性が良いみたいです。

WordPress Popular Postsを入れると
表示スピードが遅くなるケースもあるので、
その場合は、外すと良いです。

なお私が使っているWPテンプレートはこちらを参考にどうぞ。
2019年SEO対策済みWPブログテンプレートは何が良い?

キャッシュ系のプラグインでの失敗例とOKな例

キャッシュ系のプラグインは、トラブルが発生しやすいので
なるべく入れない方が安心です。

今まで入れていてトラブルがない
キャッシュ系のプラグインもあります。

それは、
WP Hyper Responseと
001 Prime Strategy Translate Accelerator
です。

ただ、なくても変化がないので、このブログには
入れていますが、他の美容ブログには入れていないものが多いです。

過去に私がトラブって、削除した経験があるプラグインも
他の記事でも書きましたがここでももう一度書き出しておきますね。
W3 Total Cache
WP Super Cache

この2つは、エラーになってほんと困りました。
サーバー上で削除したら回復しました。

サーバーによって違うようなのでうまくいくこともあるようです。

しかし、どちらのプラグインも、入れてなくても、
表示スピードは、クリアしているので
今は、どのブログにも使っていないです。

ワードプレスブログの表示スピードアップに関する記事はこちらも参考にどうぞ。
ワードプレスブログの表示スピードアップで成果アップ?

プラグインは、なるべく少ない方が良い!理想と現実!

プラグインは、なるべく少ない方が良いです。

ここでは理想と現実を書きますね。

スクールのサポートサイトでも書いていますが、
プラグインは、少ないほど良いです。

理由は、増えてくるとトラブルが発生しやすくなることや
表示スピードが遅くなる可能性もあります。

多くても15個未満が理想かなと思います。
少なければ少ないほどベターです。

このブログの場合は、現在は12個使っています。

別の美容ブログでは17個使っていました。

一番少ないブログの場合は、8個くらいです。
それでも検索エンジンからアクセスがきていて
表示スピードも早いので問題ない状況です。

プラグインも自分の目的に応じて必要なものだけを選ぶといいですね。

またプラグイン関連で使ってよかったものが出てきたり
困ったことがあればここに追記しますね。

◆実際の管理画面をお見せしながら
プラグインについて話しているのがこちらyoutube動画です。
内容は記事とだいたい同じです。
ワードプレスブログに必須のプラグインは?注意点も!【実際の具体例】
動画→ https://youtu.be/z4mH-Y9NyTs
8分22秒

canonical(カノニカル)タグのURL正規化で重複ページを最適化【SEO】

Googleなど検索エンジンのこと - ワードプレスブログのカスタマイズ

canonical(カノニカル)タグのURL正規化で
重複ページを最適化して検索順位アップしようというSEOの話です。

ワードプレスやサイトでの
SEO対策の一つでcanonical(カノニカル)タグでURL正規化しましょうと
よく書かれていますよね。

ワードプレス実践中のブログ初心者のSEO対策でも、
canonical(カノニカル)タグのURL正規化は、
必須の事なのか詳しく調べてみました。

結論から書くと、記事が増えてくると
重複記事がどうしても出てきたりするので、
必要に応じてカノニカルURL正規化をしましょう。
なおデメリットもあるので、そのことも書きました。

メリットとデメリットを確認して正しく使って
順位をアップしましょう。

canonical(カノニカル)タグのURL正規化で重複ページを最適化の意味と内容

そもそもcanonical(カノニカル)タグは何か?というと
重複コンテンツを解消してリンクの評価を特定記事へ集約するタグのことです。

canonicalタグを設定すると、重複している記事を1つのURLにまとめることができます。
これをURL正規化と言います。

そっくりな内容の記事が複数ある場合に役立ちます。

最初は、全部似ていない記事になるはずですが、更新を続けていると
似通った記事が出てきますよね。

例えば、同じ商品の色違いの物を紹介する記事が複数ある場合は
最初に書いた記事URLに正規化されるとSEO的に便利です。

この場合は、Googleの検索ボットに対する処置なので
ユーザーは、それぞれ目的の色のページを見ることが可能です。

ただGoogleのクローラーには、ちゃんとメイン記事だけを
インデックスしてくれるように指示を送ることができるのが
canonicalタグなのです。

canonical(カノニカル)タグのURL正規化で重複ページを最適化することで
Googleからペナルティを受けないので便利です。

canonicalタグの記述方法

canonicalは、以下のタグを
送る元ページのhead内に記述をします。

<link rel=”canonical” href=”メインのURLを指定” />
↑の「メインURLを指定」の部分に、インデックスを優先したいURLを記入して利用します。

head内以外に記述してもGoogleクーローラーは、タグに反応しないので注意しましょう。

ワードプレスならcanonicalタグの記述も簡単

なお、ワードプレス(WordPress)ブログでは、簡単にcanonicalタグ設定できるプラグインがあります。

有名なAll in One SEO Packというプラグインです。
この一般設定のこの部分にチェックを入れておくと良いです。
カノニカル

そうすれば記事の管理画面の下に以下みたいな部分が表示されます。
もし類似記事を書いていて別にすでに書いた内容が似ているメインにしたい記事があれば、そこにその記事URLを記載すると良いわけです。
カノニカル記事で

だからAll in One SEO Packというプラグインがあれば、
自分でhead内に書き込まなくても良いので簡単で便利です。

All in One SEO Packがなくてもcanonicalタグの記述が簡単なテンプレート

All in One SEO Packを使わなくてもcanonicalタグの記述が簡単なテンプレートがあります。

例えば、このブログのテンプレートのカエテングラフでは
カノニカルの記載が記事の管理画面で簡単に可能です。

他では、賢威7や賢威8も簡単に記事の管理画面で設定できます。
賢威7のWPテンプレートとSEOマニュアル実践体験レビュー

そしてカエテングラフでは
さらにアーカイブページのカノニカル URL 正規化として
アーカイブページで全て 1 ページ目 URL に正規化できる機能も追加したそうです。
内部SEOがしっかりしているので安心できるテンプレートがカエテングラフです。
カエテングラフの体験レビューと特典案内!内部SEOつきでアクセスアップ!

つまり内部SEOがしっかりしたテンプレートの場合は、
All in One SEO Packを使わなくても大丈夫です。

もちろん普通のテンプレートの場合は、
All in One SEO Packを使えば
カノニカルURL正規化も簡単です。

ワードプレスブログは、プラグインが充実なので便利です。

カノニカルURL正規化をすることで
重複記事でペナルティを受けなくてよくなるので設定のメリットは大きいです。

canonical(カノニカル)タグのデメリット

さてcanonical(カノニカル)タグのメリットは大きいのですが、
デメリットもあるので注意して使う必要がありますよ。

canonical(カノニカル)タグを使うデメリットとしては、
送った側の元記事は、インデックスから削除になります。

つまり元記事は検索エンジンから表示されなくなります。

だから強くしたい記事があるからと
そこまで類似性が低い記事までも
1つの記事に集中してカノニカルURL正規化してしまうと
全体的なアクセスが減ってしまうことにも繋がります。

重複記事のみにカノニカルURL正規化を施すようにしましょう

カノニカルURL正規化は、メイン記事にパワーを送るタグではないです。

重複記事になるペナルティを回避するためのタグです。
だから本質の部分を間違わないように正しく使いましょう。

カノニカルURL正規化を有効に活用できれば
Googleなど検索エンジンでの上位表示にも貢献度が高いと思います。

あなたのブログが重複記事でペナルティを受けずに
SEO的に強くなるように、
canonical(カノニカル)タグのURL正規化で重複ページを最適化してください。

◆SEO対策も色々工夫しているけれど
ちっともアクセスも増えないし成果も増えないという人は
サト愛の楽楽スクールをどうぞ。
資産価値があるブログで稼ぐ手法です。
SEOだけでなくSNSからも集客もするので安定したアクセスがくるようになります。
実際に今もリアルタイムで実験しながら
うまくいった方法をお知らせ、サポートしているので具体的と人気です。
今リアルに稼いでいるブログもお見せしています。
楽楽スクールマニュアルの内容とメリットは?

カエテングラフへWPブログテンプレートを変更で自由度アップ!

テンプレート - カエテングラフ - ワードプレスブログのカスタマイズ


カエテングラフへWPブログテンプレートを変更で自由度アップの話です。

すでに気づいていらっしゃると思いますが
このブログのテンプレートをカエテングラフへ変えてみました。

 

理由は、今までのテンプレートが
バージョンアップしないので困っていて
ずっと変えたいなと思っていたからです。

 

一番お気に入りのカエテングラフへ変更です。

 

今まで、カエテングラフは、新規ブログでないと
使えないんだと思い込んでいました。

 

しかしどうしても変えたくなったんです。

 

理由は、今使っている美容健康のカエテングラフブログが
自由度が高く、使いやすいからです。

 

そこで勇気を出して販売者のひで蔵さんへ問い合わせてみました。

すると他のテンプレートに変えるのと変わりないとのこと。

詳しい方法も教えてもらいました。

 

そして確かにカエテングラフのカスタマイズマニュアルにも

既存テンプレートからの変更方法と注意点が詳しく書かれていましたよ。

 

だから早速、カエテングラフに変更してみました。

すると、色々変更出来て嬉しいです。

 

例えば、記事投稿日ではなく
記事更新日をgoogleに表示してほしかったんですが
今までのテンプレートでは無理でした。

 

それがカエテングラフだと
カスタマイズでチェックを入れるだけで簡単に出来ました。

 

記事更新日がグーグルでも表示されれば、

ユーザーが検索窓でみたときに最新の日付の方を
アクセスしたくなりますよね。

 

私がそうなので、更新日を表示にしたかったわけです。

カエテングラフに変えて実現したので満足です。

 

そしてgoogleのモバイルで表示スピードが95点、パソコンでは99点と高評価になりました。
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja&url=https%3A%2F%2Fsora3.net%2F&tab=mobile

モバイルの表示スピードが50点未満だと検索結果にも影響が出ますね。

今までもクリアはしていたのですが、ここまで高評価は初です。

すごく嬉しいです。

SEO効果も高くて自由度が高くてやっぱり良いなとほんと嬉しくなりましたよ。

 

既存のブログテンプレートでは、満足できない方は
ぜひ、カエテングラフに変更してみてくださいね。

 

これから新たにワードプレスブログのテンプレート(テーマ)を探している方も、
自由度が高くSEOにも強いカエテングラフをぜひ、どうぞ。

 

初心者でも簡単に個性的でかっこいいブログになるのがいいなと実感中です。

詳しくは、こちらサト愛の体験レビューを参考にどうぞ。
レビュー→ カエテングラフの体験レビューと特典案内!内部SEOつきでアクセスアップ!

 

私も、他にも色々簡単にカスタマイズできそうなので
また試してみます!

 

ワードプレスブログの表示スピードアップで成果アップ?

物販アフィリエイト教材や塾 - サト愛のアフィリエイトスクール - ワードプレスブログのカスタマイズ

ワードプレスブログの表示スピードアップで成果アップになったお話です。

最近は、ワードプレスブログの表示スピードも順位に影響が出る傾向です。

特にスマホなどモバイルでのスピードが早くなるように工夫したいですね。

どうすればいいのか?というと
このスピード測定サイトで50点以上なら合格です。
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/
もし50点未満ならスピードアップする必要があります。 続きを読む

ホームPage 1 / 512345