SNS経由のアクセスからも売れやすい記事の特徴とは?

アクセスアップや集客 - TwitterやFacebookなどからのアクセス
SNS経由のアクセスからも売れやすい記事の特徴とは?

SNS経由のアクセスからも売れやすい記事の特徴とは何かなと考えていました。

アクセスアップに、FacebookやTwitterなどSNSを活用すると有効ですよね。

FacebookやTwitterなどSNS経由のアクセスからも
売れやすい記事は、SEOからのアクセスでも売れやすい傾向にあります。

反対にSEOで検索エンジンの商品キーワード経由で売れた記事は
FacebookやTwitterなどSNSからは、売れにくいと感じます。

これは、商品名で検索する人と、
SNSで興味がある記事を何気なく眺める人に
商品に対する意識の差がでてくるからだと推測します。

濃いアクセスと薄いアクセスの差ですね。

薄いアクセスでも売れやすい例を書きます。

例えば先日Facebook経由で売れていた記事は
一般的なダイエットの悩みにフォーカスを当てた記事です。

SNS経由のアクセスからも
売れやすい記事の特徴として
商品名キーワードの記事より
悩み解決記事の方が売れやすい傾向があります。

これはアクセス数が悩み解決記事の方が多くなりやすいことも原因です。
商品名が前に出ているとSNSでは、商品を知らない人は
読もうとしないですよね。

有名商品ならSNSでも反応が良いですが
それ以外のニッチな商品だと今一歩です。

もちろん商品名キーワードで案内した記事でも
SNSで紹介するキャッチコピーがうまいと売れるんですが
悩み解決記事に比べると反応が低いと実感中です。

自分がSNSを活用しているときに
どんな記事を見たいと思うか考えるといいです。

私も、自分が好んでクリックする記事の傾向を
チェックして、新たにSNS向けに記事を修正してみたら
反応が少しアップしました。

画像は多い方が読んでもらいやすいです。
最近反応が良い記事を観察すると・・
1200文字で8個の画像を入れています。

画像だけでも記事内容が推測できる感じですよ。

自然に最後まで読むというか見るイメージです。

もちろん同じ1200文字でも画像1個のものでも
きちんと改行して読みやすければ反応あります。

比較すると画像が多い方が良いとは思います。
特に女性向けの記事は、そうですね。

男性向けの記事は、画像が少なくてもいいみたいです。

SNSの場合、文字数は、少なくても多くてもいいですが
ヘッダー(書き出し)で興味をもってもらい
続きを読んでもらえる工夫が必要です。

記事にぴったりなインパクトがある画像を
使うのも良いと思います。

記事内容が読みやすくて興味深いものが反応がいいです。

どこにでもあるような記事は、スルーされやすいです。

キャッチコピーにも関係します。

記事内容の特徴に結びつくキャッチがいいです。
何だろう?これは?みたいな視点がちょっと違うと反応がいいです。

最近の傾向として、SNSで人気になってアクセスが増えると
検索エンジンからの評価もアップしやすいと感じます。

ですから、もしなかなかアクセスアップしないと
悩んでいるブログがあれば・・
FacebookやtwitterなどのSNSで記事を紹介してみてください。

その際は、キャッチな一言と画像も合わせて
紹介するとアクセスアップしやすいです。

SNSからのアクセスも増やすことで
検索エンジンのGoogleやYahooからのアクセスも増えやすくなります。

これは、更新型のパワーブログで役立つアクセスアップ方法になります。

SNS経由でも売れる手法が身につくのが楽楽スクールです。

TwitterやFacebookなどの設定方法や
使い方の細かいコツが実例とともに
具体的に学べる仕組みです。

その他でも売れやすい商品の選び方、
売れやすいライバルが少ないキーワードの選び方、
売れやすい記事の書き方など
更新型のパワーブログで本格的に
アクセスアップして大きく稼ぐ仕組みが
身につく手法がサト愛のアフィリエイトスクールの楽楽スクールです。
Q&A→ブログの添削やサポート体制は?サト愛のアフィリエイトスクールとは?
再現性が高い独自マニュアルたちが人気です。

*スクール生は、こちら裏メルマガのみで時々募集中です。
無料→ https://sora3.net/urameru
プレゼント中のレポートも人気です。

◆そしてサト愛のアフィリエイトスクールの中で
売れやすい記事の書き方に特化した教材の「楽楽ライティング」も人気です。
さと愛のアフィリエイトスクールのライティングノウハウと
売れやすい記事作成補助ツールなどを組み合わせた教材です。
レビュー→ https://sora3.net/rakurakuwriting.html
実際に今も売れている商品で具体例を書いています。
売れやすくなる正しい記事の書き方の秘訣がわかります。

関連記事