削除予定のドメインがGoogle1位で成果発生!で復活した話

削除予定のドメインがGoogle検索でニッチキーワード1位になっていて
3300円の成果が発生したので復活させた話を検証します。

記事も2記事のみ(合計でも1500文字未満】で放置していたドメインです。
アクセスもなく成果も出ていないので
あと28日で削除になるはずだったんです。

成果が発生していたのでびっくりして
あわててドメイン更新をしました。

そして改めて確認したら
Googleの検索窓でチェックしたら
約 27,300 件のニッチなキーワードで1位でしたよ。

古い実験サイトだったのと
放置だったので当然ですがSSL化もしていません。

これからSSL化もしてみて見た目など少し修正予定です。

なおニッチキーワード1位で成果発生記事の文字数は、775文字です。
もう3年以上前に外注さんの記事を
サト愛が書き出しとクロージングを修正した記事です。
アフィリエイトリンクは、2箇所。
画像は1個です。

この記事、今読み返してみると良い記事です。
短い中にしっかり売れやすい記事のコツが含まれています。

ニッチなのでライバルが少ないのでしょうね。
ただ以前は基準が違ったのか上位表示していませんでした。

今回1位になったことで売れ始めたわけです。
売れやすい記事なので、また売れると推測できます。

ところで売れやすい記事のコツって?何かな?
と思う人もいるでしょうね。

売れやすい記事のコツはいろいろあるんですが
この記事を観察しての大きな特徴は
悩みに深く注目しています。
そこから悩み解決の手段として
商品が紹介されているんですね。

この流れがオリジナル体験を元に
まだ使ったことがない商品だけど
試してみたくなるような案内になっています。

この記事は、特に出だしと
クロージング(最後のクリックを促す文章)が
よくできているんです。

売れやすい記事の書き方の実例として
そのまま使えそうなくらいですよ。

売れやすい記事に仕上がっていると
アクセスが少しでもくれば
放置でもこのように売れたりします。

この記事は755文字で1位で売れています。

1000文字未満でも
今回みたいなニッチなキーワードなら
上位表示されて売れることも多々あります。
先日は、なんと300文字の記事で成果が出ていました。

しかしキーワードにもよりますが
今は、文字数は3000文字以上はあったほうが
上位表示されやすいと思います。

とはいえ、どれくらいの文字数で書こうかなと迷ったら・・
自分が狙っているキーワードで
検索してみて実際に上位表示の記事の
文字数を調べてみるといいです。
それより多い文字数で記事を書くといですよ。

もちろんただ文字を増やしただけでは売れにくいです。

売れやすい記事に仕上げることが大事ですよ。

文字数が多くても売れやすい記事にするために
私は、記事の書き順を意識しています。

◆色々工夫しているけれど思ったように記事が書けない人は
売れやすい記事の書き方もしっかり学べるTwitter集客フル活用講座をどうぞ
ブログメインで複数の媒体からアクセスを増やして成果を伸ばす手法です。
売れやすい記事の書き順もわかります。
サト愛のTwitter集客フル活用講座(教材付き)参加者募集ページ

タイトルとURLをコピーしました