思いが伝わるブログ記事の書き方のコツ!普通の表現ではダメ!

ブログ初心者!アフィリエイトのコツ - 記事の書き方やコンテンツのこと
思いが伝わるブログ記事の書き方のコツ!普通の表現ではダメ!

思いが伝わるブログ(サイト)記事の書き方のコツについての情報です。
普通の表現ではダメというか伝わりにくいという話です。

あなたは、記事を書いていて
自分の思いがキチンと読者に届いていないかも?
感じたことはありませんか?

私はブログ初心者の頃、ものすごく感じていました。
伝え方がかなり下手だったんですね。

今は、思いが伝わるオリジナルな
記事の書き方のコツを知ったので
共感してもらえることも増えて成果も増えてきました。

今回の話を聞くあなたのメリットは
自分の思いが正確に伝わるコツが学べる点です。

成果が増えやすくなりますよ。

ブログ記事の書き方の例で話していますが
日常の友人や家族やその他
話す必要がある時にも応用できる方法です。

続きを動画で見たい人は以下のyoutube動画からどうぞ。
目と耳を使うと記憶に残りやすいです。
急ぐ場合は1.5倍速で聞くと時短できます。
ブログの成果アップには、思いがキチンと伝わる記事が必須! 7分43秒

続きを文章で読みたい人は以下でどうぞ。

なぜ、普通の言い方では伝わらない?

◆まず、何故普通の言い方では伝わらないのか?という
お話(情報)からです。

記事によって、すごくわかりやすい記事と
なんのことか、よくわからない記事がありますよね。

色々な原因があります。

その中のいくつかを話すと・・
書いている人が何を伝えたいのか
明確ではないので、イメージできない場合

話が抽象的で、上手くイメージできない場合

知らない単語ばかりで、イメージできない場合

などが考えられます。

どの場合も、普通は
読みながら自分の頭の中でイメージして
理解しているわけです。

つまり
何が言いたいのかわからない話だと
頭の中が整理できず、イメージできないので
理解できないわけです。

知らない単語が出てきたら
そこで理解がストップしてしまいます。

抽象的な表現だと
自分の頭の中だけでイメージするので
実際とは大きく違っていたりします。

こういう表現に変えてみよう

◆そこで、こういう表現に変えてみようという話をします。

つまり解決には
伝えたいことを明確にして
出来るだけ具体的に表現して
誰もが知っている簡単な単語で
説明するようにすれば良いわけです。

特に具体的な表現は大事です。
なぜなら気づかないうちに
一般的で抽象的な表現になってしまいがちだからです。

例えば
このスープは美味しいから、どうぞ
と書いたとします。

読者は、美味しいのかと
自分の頭の中で美味しいイメージはしますが
心はそこまで動かないと思います。

このスープは美味しいから、どうぞ
だけだと、自分も飲んでみたいと
思う人はすごく少ないと推測できます。

美味しそうな写真があれば話は別ですが
今回は、文字だけで伝える場合の話になります。

だから一般的な美味しいという表現だけでは
読者に共感してもらうには力不足と言えます。

ではどうするのか?というと
もっと具体的な描写を加えてみましょう。

このスープは
トマト味でミネストローネに
似ていて旨味がある感じ。
香りもいいな。
パプリカ、ズッキーニ、コーン
等野菜も多くて味わい深い。
パンと合いそうな味
思わずお代わりしたくなってしまった。
私の中でリピート決定。

と書くと美味しいとは書いていないのですが
かなり具体的に描写しているので
イメージしやすいですよね。
なおかつ美味しそうと伝わります。

同じような味が好みの人は
そのスープを飲んでみたいと思う可能性も出てきます。

だからこそ、普通の抽象的な
一般表現だけではなく
もう少し深掘りした具体的な描写と
自分の感情ものせて書く
相手に伝わりやすくなります。

共感して行動してもらいやすくなりますよね。

ぜひ、意識してみて下さいね。

実際にうまく伝わっているか?を確認しよう

◆そして意識して書いたあとで
実際にうまく伝わっているか?を確認しましょう。

確認では、自分で記事を声を出して読み返してみます。

そして
何を伝えたいのかを明確にして
出来るだけ具体的に描写して
誰もが知っている簡単な単語で
説明しているのか?をチェックするといいんです。

自分では、客観的に見れないと思う時は、
家族や友人にも読んでもらって
感じたことを聞くのも良いです。

ちゃんと伝わっていると思ったら
記事を公開しましょう

その後アクセスが来るようになった後
成果が出てくれば正確に伝わっていると言えます。

成果にかかわらない記事の場合は
アクセス解析も確認しましょう。
この場合キーワードも関係してきますよね。
滞在時間がある程度あるようなら
理解して読んでくれている可能性もあります。

意味不明だと直帰される事が多いからです。

具体的な描写を今回はメインで話していますが
記事タイトルのキーワードと記事内容の一致は
最重要でしたね。

このキーワードについてはこちらの記事をどうぞ。
キーワードの基本!ビッグキーワードとニッチキーワード【ブログ初心者】

キーワードの基本!ビッグキーワードとニッチキーワード【ブログ初心者】

そしてアクセスがないから
伝わるとか伝わらない以前の問題だよと悩む場合は、
Twitterで記事を紹介するといいですよ。
その際はハッシュタグをつけて紹介しましょう。

メインで伝えたい部分を
キャッチコピーみたいにして
続きを読んでもらえるように
促すといいです。

アクセスを増やすことができます。

Twitterとブログの連携をする事で
コミュニケーションもとれて
気づきも増えてきて思いも伝わりやすくなる
感じています。

アクセスアップ以外でも役立つので
Twitterもぜひ連携してみて下さい。
連携方法はこの記事を参考にどうぞ。
ブログ初心者はツイッター(Twitter)併用でアクセスアップ等メリット大!

ブログ初心者はツイッター(Twitter)併用でアクセスアップ等メリット大!

思いが伝わる記事の書き方にはコツまとめ

◆では最後に思いが伝わる記事の書き方にはコツをまとめます。

自分の思いを正確に伝えるコツは
何が言いたいのかを明確にして
出来るだけ具体的な描写をして
誰もが知っている簡単な単語で
説明する事でしたね。

特に具体的な描写を増やす事で
オリジナル性も増えてきます。
そうなるとGoogle評価もアップする傾向です。

ぜひ、具体的な描写を意識して
伝わる記事に仕上げてみて下さいね。

今回ブログ記事の書き方の例で話しましたが
日常の友人や家族やその他
思いを伝えたい時にも同じように
具体的な描写で話すと伝わりやすいです。

試してみて下さいね。

◆色々試しているけれど思ったような記事が
書けないと悩む時は楽楽ライティングをどうぞ
楽楽ライティングであなたの記事も売れやすい記事へ!

関連記事