ブログの書き方!2つの視点で売れやすくわかりやすい記事にするコツ

ブログ初心者!アフィリエイトのコツ - 記事の書き方やコンテンツのこと
ブログの書き方!2つの視点で売れやすくわかりやすい記事にするコツ

ブログの書き方!2つの視点で売れやすくわかりやすい記事にするコツ

今回は、ブログ記事の書き方についての話です。

記事を読んでいて
わかりやすいなと思う場合と
なんだか更に頭がこんがらがってしまう場合がありますよね。

毎回同じような記事の書き方だと
うまくいく場合とダメな場合があります。

2つの視点で書き方を使い分ける必要がありますよ。

今回の話であなたが得られるメリットは
売れやすくわかりやすい記事の書き方のコツが学べる点です。
記事の書き方だけでなく話をする際にも
同じ方法が使えますので、参考にどうぞ。

売れやすくわかりやすい記事にする為の2パターン

◆売れやすくわかりやすい記事にする為には
2つのパターンを使い分けると効果的です。

2つのパターンとは具体化と抽象化の事です。

抽象化 → まとめ視点(マクロ視点、俯瞰)
具体化 → ミクロ視点(細分化)

つまり文章は
抽象化してまとめる視点と
具体化のミクロ視点を組み合わせる事で
よりわかりやすくなります。

両方書く事で、より深く理解してもらえて
行動してもらいやすくなります。

具体化してわかりやすくする方法

◆では、具体化してミクロ視点で
わかりやすくする方法を実例で見てみましょう。

ブログ記事の場合だと
記事本文で使うと上手くいきやすいです。

例えば、
○○(お店の名前)のケーキが美味しい
だけだと、
読んだ人は
そうなんだ、美味しいケーキの店なのね。
だけで終わります。

しかしそこに具体化を加えて
○○(お店の名前)のケーキは美味しい
例えば
ミルフィーユとアップルパイ
ラズベリーパイ、クラフティーが美味しい

と書くと
読む人に、より美味しさが伝わって
食べたくなる人も出てきます。

更に具体化して
この店のケーキは美味しい
例えば
ミルフィーユとアップルパイ
ラズベリーパイ、クラフティーが美味しい
特に
アップルパイの林檎が甘酸っぱくて
カスタードクリームとのハーモニーが絶妙で
あっさりしているから何個でも食べたくなるんだよ

と書けば、アップルパイが好きな人にとって
更に魅力的に感じ是非食べたいと思う人が増えます。

このように、記事本文は、より具体化する事
ユーザーに共感されやすくなり
行動を起こしてもらいやすくなりますね。

具体化を増やす事で
より詳しく知りたい人の満足度もアップします。

まとめて抽象化する事でわかりやすくする方法

◆次に、抽象化してまとめ視点で書く事で
わかりやすくするパターンです。

まとめ視点はグループ化とも言えます。

これはブログ記事の書き出し部分や
最後のまとめ部分に使うと効果的です。

記事内容を抽象化してまとめ視点にする事で、
次の行動に結びつく方法です。

つまり
まとめる事でわかりやすくなるので
ユーザーに続きを読んでもらったり
案内のリンクをクリックしてもらう(売れやすくなる)行動に繋がります。

先ほどのケーキのお店の場合だと

例えば
書き出し部分の書き方は
***
○○(お店の名前)のケーキは美味しいと評判ですね。
特にパイ生地ケーキが人気みたい
パイ生地作りが得意なのかな?
アップルパイが好きな私は興味津々で
実際に口コミを調べてみました。

***
こんな風にしてみました。

本文で先ほど書いた具体例が
ミルフィーユとアップルパイ
ラズベリーパイ、クラフティー
なので、
まとめて抽象化すると
どれもパイ生地ケーキとなります。

だから、まとめ視点だと
特にパイ生地ケーキが人気みたい
パイ生地作りが得意なのかな?
となるわけです。

少しだけ具体例として本文から
メインのアップルパイという
言葉も添えて、ユーザーの想像力の
お手伝いをしています。

書き出し部分では抽象化メインがコツです。
そこに具体化を少し使う事で
よりわかりやすくなって
続きを読みたくなる行動に繋がりやすいです。

この書き出し部分で
あまりに具体的に書いてしまうと
そこでユーザーは、納得して
続きを読もうと思わなくなりやすいです。
だから抽象化してユーザーの興味を引くわけです。

最後のまとめ部分でも、
具体的だった本文を抽象化してまとめる事で
更に次の行動(クリックなど)に繋がりやすくなります。

例えば、先ほどの例なら
**
このように色々リサーチした結果
○○(お店の名前)のケーキは
美味しいと評判の理由がよくわかりました。

特にパイ生地が秀逸なんですね。
材料の良さも美味しさの秘密かな
だからパイ生地ケーキ達が口コミで人気でした。
私はやはり一押しのアップルパイを食べたいなと思いましたよ
あなたは、どれを食べたいですか?
→お店の紹介リンクなど

こんな感じで、最後のまとめ部分でも
本文の美味しいケーキ達をまとめ視点で
パイ生地ケーキ達としていますね。

そして一番オススメの
アップルパイという具体例も加えて
まとめています。
全部を繰り返し書くと、しつこくなって
集中できないのでわかりにくくなります。

ですから記事最後のまとめ部分でも
わかりやすくする為にも抽象化メインです。
具体化は少しだけで行動を促すと効果的です。

ブログの書き方!2つの視点で売れやすくわかりやすい記事にするコツまとめ

◆ではブログの書き方!2つの視点で売れやすい記事にするコツをまとめます。

ブログでわかりやすい記事を書くには
抽象化してまとめ視点のグループ化と
具体化のミクロ視点の組み合わせがコツでした

記事の書き出しと最後のまとめ部分では
抽象化メインがわかりやすかったですね。

記事本文では、具体化メインがよりわかりやすくなります。

この抽象化してまとめる視点と
具体化のミクロ視点の組み合わせは
ブログ記事だけでなく、話をする際にも
使えますので、練習してみて下さいね。

まとめる力もアップして
頭の体操にもなります。

記事とほぼ同じ内容を動画でも喋っています。
耳から聞くと記憶しやすいので復習にもどうぞ
急ぐ場合は、1.5倍速で聞くと時短できます。
ブログ記事の書き方!2つの視点でわかりやすい記事にするコツ 7分07秒

 

◆色々試しているけれど思ったような記事が
書けないと悩む時は楽楽ライティングをどうぞ
楽楽ライティングであなたの記事も売れやすい記事へ!

関連記事