スローライフアフィリエイトで愛でいっぱいのお金持ちになる方法

スローライフアフィリエイトで愛でいっぱいのお金持ちになる方法:サト愛

物販と情報商材、どちらのアフィリが稼げるの?

 



物販と情報商材、どちらのアフィリが稼げるの?
という質問も時々いただきます。

それで両方体験している私が実感中のことから
書いてみます。

一言で書くと、正しい方法で実践すれば
どちらでも月100万円以上は稼げます。

アフィリエイト報酬の単価は
一見、情報商材の方が高いものが多いです。
1個売れると1万円とかも多いですね。
だから、情報商材アフィリの方が稼げそうに感じます。

実際、ネットビジネス系では、
販売直後とか、値上げ前とか
販売終了前などに、一気に大きく売れたりします。
私も日給20万円になったりしたこともあります。
月200万円くらい稼ぐこともあります。

ただDVDなどのニッチな趣味系の情報商材も
売れるんですが・・
ネットビジネス系ほど一気に売れない気がします。

物販アフィリエイトでも
A8やafbやアクセストレードなどのASPの
商品は、アフィリエイト報酬が高いものも多いです。
1万円以上のものもたくさんあります。

先日担当者の方におすすめされた中では、
1件5万円という報酬の商品もありました。

そして物販商品は、ブログやサイトに
検索エンジン経由などで
濃いアクセスがたくさん流れてくると
たくさん売れる現象がおきます。
私も日給10万円超すこともあります。

アクセスがくればくるほど放置でも売れ続けるのが
ブログやサイトでの物販アフィリエイトの魅力です。

情報商材はメルマガを組み合わせることで大きく稼げます。

物販商品は、ブログやサイトのみでも
数を増やせば増やすほど、売れやすくなります。
売れる商品で売れるキーワードを選ぶのがコツです。
売れる商品を見つけてキーワードを選ぶコツ

記事は、自分でなくてもいいので
外注することができるのも物販アフィリエイトのメリットです。
ある程度、稼げるようになったら外注して記事を増やすといいです。

私は、物販アフィリエイトは、
今は月160万円くらいがベストですが、
これからもっともっと伸びそうな感じです。
知人は、毎月1000万円越しています。

両方実践してみて、私が感じるのは
売れやすくて稼ぎやすいのは物販アフィリエイトです。

商品数が無限に近くあるのが大きいと思います。
ただ単調な作業も多いので飽きやすいのも事実です。

面白いのは、メルマガを使った情報商材アフィリエイトです。
それで私は、メルマガも書いています。

情報商材アフィリエイトは、
自分の実践体験を自分の言葉で書いた
メルマガを出すといいです。
役立つ無料レポートを書いて
読者さまとの信頼関係を構築するのがコツです。

どちらも正しい方法で実践すれば
月100万円以上は稼げますから
好みで選ぶのもいいかもですね。

黙々と作業をして目立ちたくない人は、物販アフィリエイト

コミュニケーションを楽しみたい人は、情報商材アフィリエイト

両方好きなら、
最初は、物販アフィリエイトからスタートして
稼げるようになったら、その体験を元に
メルマガを使った情報商材アフィリエイトをすると
実践記録を書きながら、楽しく飽きずに
アフィリエイトができると思います。

実際、私は両方好きなので
いつも実験していることを
こうやってまとめて記事にしていますね。

物販アフィリエイトは、人に任せることができるのがメリットです。
情報商材アフリエイトは、メルマガを通じた読者さまとの
コミュニケーションがとれるのがメリットです。

それぞれ、稼げるまでは1点集中することがコツです。
最初から両方だと、両方とも稼げないままです。

物販アフィリエイトで、ステップアップしながら
しっかり大きく稼ぎたい方は、ルレアプラスをどうぞ。
ルレアプラスのレビューと特典
サト愛の物販アフィリエイトの教科書兼辞書です。

情報商材アフィリエイトで、ブログやサイトと
メルマガを連携させてブランディングしながら
大きく稼ぎたい方は、アンリミテッドアフィリエイトネオをどうぞ。
レビュー→アンリミテッドアフィリエイトネオのレビューと特典
サト愛のアフィリエイト原点の教材の一つです。


*共通のお知らせ*
記事の続きやもっと深い稼ぐコツを
こっそり裏メルマガでお知らせしています。
無料→ サト愛の裏メルマガ「New愛でいっぱいの生き方」
無料で学べるので活用してください。

◆アフィリエイトのはじめ方は、いろいろですね。
今リアルタイムで私や会社スタッフが
実践中で再現性が高い教材を厳選してみました。
参考にどうぞ。
ネットで稼ぐノウハウ教材で今実践中の教材一覧

Copyright (C) 2015-2017 愛でいっぱい(株), All rights reserved

 

タグ :  

体験や日記 比較

この記事に関連する記事一覧