ブログもブランディングするとアクセスアップ?

アクセスアップや集客
ブログもブランディングするとアクセスアップ?

女性とスマホ
ブログもブランディングするとアクセスアップするのでしょうか?

ブランディングというとメルマガアフィリエイトのイメージが強いですね。

しかしブログ自体がブランディングする工夫
するとメリットがいっぱいあります。

私の美容ブログたちの中で今も生き残っているのが
そういうブランディングに成功したブログたちといえます。

そこで体験から感じたブランディングブログの
アクセスアップについて書いてみます。


ブランディングとは?

その前に・・・

ブランディングとは?何かなと思う人のために引用します。

ブランディング(英: branding)とは、ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略の1つ。

引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/ブランディング

つまりブログのブランディングとは・・
ブログの名前(ブランド)を覚えてもらって
記事内容に関して共感や信頼を訪問者から得ることといえます。

なおブログの名前だけでなく
管理人の名前でブランディングしてもいいです。

例えばこのネットビジネスブログは、
サト愛で検索してくる人も多いです。

ブランディングでアクセスアップ

ブログのブランディングについて理解できたところで
アクセスアップに繋がる話をします。

ブログの名前や管理人の名前を覚えてもらったら、
名前で検索してくる人が増えます。

あるいはブログをブックマークしたりして
記事を定期的に見に来てくれるようになります。

私がそうなのですが面白いな
役立つなと思ったブログは
ブックマークしています。

そこから毎日記事を読みに訪問しています。
だいたい毎日3つくらいのブログを訪問しています。

つまりGoogleなどの検索エンジンの動向に
関係なくアクセスがくるようになります。

そして今はそういうブランディングブログの方が
Googleからも高評価です。

実際にアクセスが増えている美容ブログを観察していると
Googleからの訪問者がどんどん増えています。

ブランディングブログは、たいてい滞在時間が長くなる傾向です。
そして今は滞在時間が長い方がGoogleでは高評価です。

なお文字数が少なめでも滞在時間が長いと
Googleでも上位表示されやすい傾向があります。

そしてブランディングしていないブログでも
文字数を増やすことで滞在時間も増えます
関連キーワードや共起語も増えます。
結果として今のGoogleから高評価になっています。

話をブランディングブログに戻します。

ブランディングブログは、オリジナリティがあるので
その点でも今のGoogleから高評価です。

個性がない似たようなブログ(サイト)より
順位が上になる傾向です。

ブランディングブログの作り方

では、ブランディングブログは、どうやって作るのか?というと
覚えてもらいやすいブログ名も大事ですね。

しかし記事コンテンツの充実が一番大事です。

オリジナリティのある内容
その記事への訪問者が知りたいであろう答え
関連事項を書いておくのがコツです。

どんなキーワードでその記事を訪れるのか
キーワード選定でリサーチしておくといいですね。

プロフィールの充実も必須です。

できるだけわかりやすい言葉で自己紹介するといいです。

共感してもらいやすくなるので
ブランディングブログには、
プロフィールが必須といえます。

ブランディングブログの構築に一番役立つマニュアルは
楽楽スクールノウハウです。
楽楽スクールの中の
「ブランディングの加速で成果もアップ!」という独自マニュアルが役立ちます。
実際に稼いでいるブログの具体例がわかります。

他では、「ファンが増えるプロフィールの秘密マニュアル」も役立ちます。

楽楽スクールノウハウのブランディングブログは、
資産価値があるパワーサイトでもあります。

1つのブログのみで月10万円以上稼ぐことも可能です。

育成していくブログなので
WPブログで作成する方が良いです。

これからもアクセスが増え続ける
ブランディングブログ作成を身に付けたい人は
楽楽スクールをどうぞ。

ブランディングの方法だけでなく
キーワード選び
商品選び
記事の書き方から
アクセスアップのコツまで
ブログでのアフィリエイトで大きく稼ぐ仕組みを
基本から応用まで学べるのが楽楽スクールです。

無料ブログからステップアップして
WPブログでの資産価値がある
ブランディングブログ作成まで身につきます。
ブログで稼ぎ続けたい人は、楽楽スクールノウハウをどうぞ。
Q&A→https://sora3.net/kijyun.html

関連記事