キーワードと記事内容が一致しない時の修正のコツ?

ブログ初心者!アフィリエイトのコツ - 記事の書き方やコンテンツのこと
キーワードと記事内容が一致しない時の修正のコツ?

キーワードと記事内容が一致しない時の修正のコツについて、
サト愛がユーザーの立場に立った経験も書いています。

キーワードと記事内容が一致していないと
クリックもされないですし直帰されやすいです。

だからキーワードと記事内容の一致を確認するのは大事です。

アクセスがきているのに、売れていない場合など
記事を確認して修正するといいです。

大抵は検索されるキーワードは記事タイトルに入っているので
記事タイトルと記事内容の一致を意識するといいですね。

キーワードと記事内容が一致しない場合

キーワードと記事内容が一致していないと、
すぐに直帰されますね。

一見一致していそうでも、ユーザーの悩みを解決できないままだと
クリックもされず離脱されてしまいます。

キーワードと記事内容の一致大事です。

クリックされない時は、記事にキーワードの答えを書いているかを再確認しましょう。

書いていない場合は、修正しましょう。

キーワードと記事内容が一致していても今一歩な時

キーワードと記事内容が一致していても
なぜか売れ行きが今一歩なこともありますね。

そんな場合は、キーワードに込められた
ユーザーの気持ちを考える
成約率がアップしやすいです。

どういう意味かというと
どんな気持ちで、このキーワード(言葉)を入力したのかな?と考えてみると良いです。

その為にはターゲット設定を具体化しておくと予想しやすいです。

もしターゲット設定をしないまま記事を書いていた場合は
今からでも良いので設定してみましょう。
ターゲット設定に関しては、こちらの記事をどうぞ。
ブログ記事のターゲット設定とは?ペルソナ設定まで必要?

ターゲット設定が難しい場合は、少し前の自分をターゲットにすると
キーワードに込めた思いも推測しやすいです。

ユーザーの立場でのサト愛の具体例

例えば、キーワードと記事内容は一致しているけれど
購入しなかったサト愛の具体例を書きます。

先日、youtube撮影用にiPhoneの3脚を探していました。

外でも部屋でも撮影できて軽くて
収納しやすいものが理想です。
(ここが悩み部分ですね)

アマゾンで検索すると、たくさんの商品がヒットします。
全部みていると大変で余計に迷ってしまいました。

そこでグーグルで検索してみました。

iPhone 三脚
で検索すると、色々出てきます。

アマゾンや楽天は迷うので避けました。

すると10選と表示されていた記事があったので
著者のオススメを書いてあるかなと確認してみました。

確かに記事は記事タイトルにキーワードが含まれていて
記事内容も一致していました。

種類も豊富に案内されていました。
100均でも売っているシンプルなもの
脚の長いタイプ
脚を曲げることができるタイプ
リモコンが使えるタイプ
自撮り棒にもなるタイプ
などなど、

しかしますます私は迷ってしまったんです。

どれもオススメと書かれていたからです。

もちろん、アマゾンで選ぶよりわかりやすいのはメリットです。

アマゾンで書いてあるのを
いくつかピックアップして特徴を書いて並べたものに
少し案内を書いただけでした。

10個もあるのでそうなるんでしょうね。

せめてこれがイチオシとか明確に大きく書かれていて
その理由も自分目線で良いので書かれていると
迷いにくいかなと感じました。

多い方が良い人は、アマゾンや楽天内で検索すると思うんです。

だから、私が記事を書くとしたら
3つか多くても5個くらいに絞るかなと思います。
どれもおすすめで選んで欲しい場合は、
3つから最大でも5個くらいが選びやすいと感じました。

もし複数の類似商品を並べて紹介している場合は
紹介の数が多すぎないか確認してみてくださいね。

狙っていないキーワード検索経由のアクセスの場合の対策

最後は、狙っていないキーワード検索経由のアクセスの場合の対策です。

これは、Googleの判断で、記事タイトルではなく
記事内容に少し出てきただけのキーワードに
反応して、そのメインではないキーワードで
上位表示されてアクセスがきているケースについての対策です。

そんな時は、実際にきているキーワードで別に記事を書いて、アクセスがきている記事の
ぴったりな記事の方を案内すると良いです。

しばらくすると、そちらの記事が上位表示されることが多いです。

キーワードと記事内容が一致しない時の修正のコツまとめ

キーワードと記事内容が一致しない時の修正のコツを
3つのパターンで解決方法をみてみました。

あなたの場合は、どれでしょうか?
確認して記事を修正してみてくださいね。

大前提として
キーワードと記事内容の一致大事です。
クリックされない時は、記事にキーワードの答えを書いているかを再確認。

一致していても今一歩な場合は
キーワードに込められたユーザーの気持ちを考えてみましょう。

3狙っていないキーワード検索経由の場合は
その検索キーワードで別に記事を書いて案内しましょう。

以上、3つのパターンを今回はみてみました。

ブログ記事は何度でも書き直せるのがメリットですね。

ぜひ、参考にして修正してみてください。

◆そんなこと言っても、そもそも
基本の売れやすい記事の書き方が理解できていないという人は楽楽ライティングをどうぞ。

楽楽ライティングは、楽楽スクールのライティングノウハウの一部と
売れやすい記事作成補助ツールなどを組み合わせた教材です。

だから楽楽ライティングは、記事の書き方がわからない人だけでなく
楽楽スクールに興味がある人も、スクールノウハウの一部を体験できるチャンスです。
レビュー→楽楽ライティングであなたの記事も売れやすい記事へ!

関連記事