暗号資産SANDとは?The Sandboxは投資価値があるアルトコインか確認

暗号資産

暗号資産SAND(サンド)とは?The Sandbox(サンドボックス)は投資価値があるアルトコインか確認

アルトコインをいくつか少額買ってみています。
その中の1つ暗号資産SANDについて今回は、調べたことを書きます。

結論から書くとSANDはNFTゲーム「The Sandbox」の中で使われる暗号資産(仮想通貨)のことです。
将来性を考えると投資価値があるアルトコインかもと私は感じたので、ほんの少し購入してみました。
もう少し安くなったら、買い増ししたいと考えています。

その理由としてSANDは、日本の暗号資産取引所のコインチェックで購入できるからです。
人気のアルトコインは、海外の暗号資産取引所でしか買えないことが多い中、 SANDがコインチェックで買えるのは嬉しいなと思います。
詳しくは→コインチェック
コインチェック

暗号資産SANDとは?The Sandboxの中で、どう使う?

SANDは、NFTゲーム「The Sandbox」の中で使われる暗号資産(仮想通貨)のことでしたね。

NFTゲームのThe Sandboxは、メタバース空間を楽しむイーサリアムのブロックチェーンを使ったゲームです。

メタバースとは、ネット上で利用する仮想空間のことを言います。

SAND(サンド)は「ネット上の仮想空間で楽しむゲームの「The Sandbox」の中で
アイテムやLANDの購入など取引に使われる、ガバナンス(運営)の意思決定の投票、ステーキングなどに使われます。

このLANDは、メタバースにある仮想の土地です。
様々な企業が所有しています。
デジタル不動産とも呼ばれるので、売買して利益を上げる事もできます。

仮想空間の自分の土地(LAND)で遊んだり売買できたりするのは、面白そうですね。

ユーザーはメタバース空間を楽しむだけでなく、オリジナルのゲームやアイテム、キャラクター、サービスを作成することができます。さらに、所有するアイテム、キャラクターをNFTとしてプラットフォーム上で自由に売買することが可能です。
引用元:コインチェック

リアルな空間と別にネット上のメタバース空間で、自分で作ったアイテムやキャラクターをNFTとして売買できる仕組みも面白いなともいます。

コインチェックのNFTでも売買できるのかもですね。

The SandboxのSANDは投資価値があるアルトコインか確認

メタバース空間で遊べて利益も出せるNFTゲーム「The Sandbox」のSANDは投資価値があるアルトコインか確認してみました。

The Sandboxは、まだ正式リリースではありません。
しかし既に多くのユーザーがいて注目度が高いNFTゲームと言えます。
以下に引用します。

2022年5月時点、『The Sandbox』はα版を提供していますが、月間アクティブユーザー数はピーク時には100万人を超えるなど、すでに大きな注目を集めているNFTゲームです。
今後、正式版がリリースされ、ユーザー数がさらに増えると、SANDの取引量も増加することが期待できるでしょう。
引用元:コインチェック

The Sandboxが正式リリースして、更に注目されたら、SANDの価格が上昇すると推測できます。
だから投資価値が出てきますね。

他では、NFTやメタバースがもっと人気になると、SANDの価格上昇の可能性が出てきます。

今は、暗号資産全体が暴落しているので、SANDも私が購入した時より下がっています。

この記事を書いている時で、1SANDは163.75円です。
私が買った時は、1SANDは170.1円でしたので下がっていますね^^;
少しですが含み損になっています。
なのでこのまま価格が上がるまで持っておこうと思います。

暴落している今は買い時かもしれません。
しかしもう少し価格が落ちる可能性もあります。

アルトコインは、ボラティリティー(Volatility)が大きい(価格変動が大きい)ので、もっと下がる可能性もあります。

私は、SANDを少し早く買い過ぎたかもしれませんので、もっと安くなったら、また買い増ししたいと思っています。

将来性があるアルトコインは、暴落したら買い時といえます。

コインチェックの管理画面での買い方を以下に図解します。
まず、SANDをクリックして、買いたい数量を記入し、合計額を確認して「購入する」をクリックするだけです。
ビットコイン(BTC)でも購入できますが安定している日本円(JPY)で買う方が良いかなと個人的には思いました。

SANDは、コインチェックで日本円で購入できますから便利で期待できるアルトコインだと私は思います。
詳しくは→コインチェック
コインチェック

タイトルとURLをコピーしました