GMOコインからバイビット(bybit)に暗号資産を入金する方法を図解

海外の暗号資産取引所

GMOコインからバイビット(bybit)に暗号資産(仮想通貨)を入金する方法を図解します。

Bybitに口座開設した私は、早速、GMOコインからバイビット(bybit)に暗号資産(仮想通貨)を入金することにしました。
その理由は、Bybitでは日本円が使えないからです。
詳しくは→Bybitの登録は簡単

クレジットカードで買うことができるようですが、
私の場合はGMOコインに眠ってままのリップルが少しあります。
そこでリップルをBybitに送付(入金)してみることにしました。

Bybitに口座開設する方法は以下をどうぞ
バイビット(bybit)口座開設!登録方法図解!海外の暗号資産取引所だけど簡単

GMOコインから送付できるように宛先を作成

まず、GMOコインから送付できるように宛先を作成する必要があります。

だからGMOコインの管理画面の入出金の暗号資産をクリックすると以下のような図になります。
そこからリップルを選んでクリックします。

その後上のバーの送付をクリックすると以下のようになります。 新しい宛先を追加するをクリックします。

すると次は宛先情報を登録しますと表示されるので、GMOコイン以外を選びます。

次の画面では取引所・サービスを選びます。

宛先はbybitの自分なので「ご本人様」を選びます。

その後、住所などの確認をします。
正しいことを確認したら、「宛先情報の登録画面へ」をクリックします。

Bybitの管理画面で入金用のXRPウォレットアドレスとタグを入手

次に宛先情報が必要になるのでBybitの管理画面で資産の現物アカウントをクリックします。

入金詳細を確認すると以下のようにXRPウォレットアドレスとXRP入金タグ/メモが表示されます。
それぞれコピーしたものをGMOコインの宛先欄で使います。

GMOコインの宛先情報の登録に戻ってXRPウォレットアドレスとタグをペースト(貼る)

ここでGMOコインの宛先情報の登録に戻って、

リップルアドレスにbybitでコピーしたXRPウォレットアドレスをペーストで貼ります。
宛先タグに、bybitでコピーしたXRP入金タグをペーストで貼ります。
そして送付先の名称は、その他でbybitと記入します。

間違わないように確認しましょう。タグやアドレスが間違っているとちゃんと送付されないことになります。
手入力では間違いやすいので、bybitでコピーしてGMOでペースト入力が安心です。

名前など記入して確認画面をクリックします。

確認画面を見て間違いがなければ、登録をクリックします。

ここでメールによる最終確認が必要になります。

登録メールを確認すると以下のようなメールが届いているのでURLをクリックして登録手続きを完了しましょう

こんな画面になります。

GMOコインのリップルの宛先リストを確認

その後GMOコインのリップルの宛先リストを確認すると以下のような審査待ちメッセージが出てきます。

それから10分くらいしてから、リップルの送付をクリックすると無事宛先が登録できます。
登録できたbybitの部分をクリックします。

内容を確認して「次へ」をクリックします。

bybitに入金する金額を決めて確認後実行

その後、

bybitに入金する金額を決めます。
次に登録の電話番号に2段階認証コードを受け取るをクリックします。
直ぐに2段階認証コード届くのでその数字を記入します。
その後確認事項にチェックを入れて、確認画面へをクリックでOKです。

最低の送付数は、送付1回あたり50リップル以上です。

上記では500XRPと記載していますが、その後考え直して今回は1000XRP送付に変更しました。
内容が間違っていないか最終確認をします。そして間違いなければ「実行」をクリックします。

GMOコインからBybitに入金されたか確認

では、ちゃんとGMOコインからBybitに入金されたか確認をしましょう。

この時、私は慌てていて、Bybitのどこで確認するのか迷いました。
焦って一瞬もっと少ない額で実験すればよかったとも思いました。
しかし、ちゃんとメールで入金済みと連絡が来て安心しました。

念の為、Bybitの管理画面でも確認する方法を以下に記載します。
資産の現物アカウントから履歴をクリックすると以下みたいに確認できます。

宛先を登録できたら、後は入金額を決めて確認してから実行をクリックするだけなので慣れると簡単です。

Bybitでは、このほかにクレジットカードでも暗号資産を購入できるようです。
手数料がかかるのでは?と思いますが、他の暗号資産取引所を持っていない場合は、便利かもしれないと思います。

私は、最初にGMOコインで4年前にリップルを買ったまま良く分からず放置していたので、その一部を移動しました。

リップルは4年経ってもほとんど価値が変わっていないので、残念だったと思っていましたが、送金手数料がかからないのと直ぐに送られるので便利な暗号資産なんだと今回の件で再認識しました。

今後の動きなども見ながら、安い時に買い増ししようかなとも思います。

私が今回Bybitに登録した理由は、冒頭でも話しましたが
日本国内の取引所では扱っていない草コインを購入したいと思ったからです。
130種類以上のコインもあり、色々増やす仕組みもあるようです。

Bybitの登録は、メールアドレスとパスワードを決めたら簡単に匿名でできます。
登録料など無料でBybitの管理画面が日本語表示なのも使いやすいと思います。
詳しくは→Bybitの登録は簡単

詳しい方法は以下の図解記事をどうぞ
バイビット(bybit)口座開設!登録方法図解!海外の暗号資産取引所だけど簡単

タイトルとURLをコピーしました