バイビット(bybit)でリップルXRPで草コインを買った方法【図解】

海外の暗号資産取引所

バイビット(bybit)でリップルXRPで草コインを買った方法【図解】

バイビット(bybit)でリップルXRPで草コインを現物取引で買った方法の【図解】です。

バイビットではUSDTやBTCなどが基本になっているのでリップルでは直接草コインを買えません。

じゃあ、どうするのか?というと、一番組み合わせが多い、USDT(テザー)にリップルを替える必要があります。

両替もでいるようですが、現物アカウントからデリバティブアカウントに振替で移動させて、その後両替を選び、また現物アカウントに戻る必要があります。

面倒だなと思ったので、シンプル現物取引で指値で売り注文しました。

つまりトレードの現物取引でXRP/USDTの組み合わせを選びます。

そして売りで指値注文を選びます。
注意したいのは、デフォルトだと以下みたいに「買い」になっています。
間違って買いをクリックしたら、資金(USDT)がありませんと表示されます(実際になりました^^;)

だから「売り」の方を選んで今の注文レートに近い価格を入力して(遠いといつまでも取引成立しないので)XRPを売るをクリックします。

すると確認画面になるのでOKだったら、「XRPを売る」をクリックします。

すると下の方に以下みたいな現在の注文で表示されます。

実際に取引が成立したら、取引履歴に以下みたいに記載されます。

これでテザーUSDTが出来たので、あとは好きな暗号資産(草コインでも何でも)にトレードすればOKです。

どの暗号資産(草コイン)を買うかは、今調べているところです。

買い方は、買いたい暗号資産とテザーUSDTの組み合わせを選んで
売りの代わりに「買い」をクリックして注文価格を入力して買うをクリックするだけです。

2022年4月30日追記
APEを以下みたいに現物取引の指値注文で買ってみました
APE/USDT買い

取引が成立したので以下みたいに表示されました
APE/USDT取引

2022年5月2日追記
その後のAPEの動きです。なんか急降下しています^^;
また上がってくることを祈ってしばらく様子をみます。
リスクを考えて少しだけ買ってみていて良かったです。
apeチャート

リスク分散を考えて他の暗号資産も少しだけ購入してみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました