タグ:蛇足

ホームPage 1 / 11

蛇足は書かず必須事項を書くことでアフィリエイト成果アップ!

SEOアフィリエイト(サイトアフィリエイト)コツ - 記事の書き方やコンテンツのこと

蛇足は書かず必須事項を書くことが、アフィリエイト成果アップのコツです。

そんなことわかっているよと言う人も多いかもですね。

じゃあ、なぜわざわざ書いているのかと言うと
私が、以前はすぐに蛇足を書いていたからです。

あとで読み直して減らすことが多かったんです。

今は意識して書くようにしています。

なおかつ5000文字以上のちゃんと売れやすい記事を書くときは
「売れやすい記事作成補助ツール」を活用しています。

これを使うと、ほんと迷わずにすみます。
なおかつ、蛇足を書かないようになります。

書き順が決まっているからです。
「売れやすい記事作成補助ツール」で
書き順に従って見出しを決めてあらすじを書いてから
ブログの管理画面にペタッと貼っていますよ。

その後、あらすじに肉付けします。

私は油断すると関係ない蛇足を書く癖があるので
ちゃんとした記事を書きたいときは
意識しながらツールを活用しているんです。

ところで、蛇足ってどんなことを言うのかな?と
思う人もいるかもですね。

記事の主旨と無関係な話で不要なもののことです。

読んで字のごとくですね。
蛇に足は、不要です。
加えることで、別物になってしまいますね^^;

つまり書き加えることで、記事タイトルと
大きく異ってしまう不要な文章と言うわけです。

無意識に書くと、無関係な話になってしまいがちな私です。

それで自分への教訓として蛇足は書かず必須事項を書くことと
いつも言いきかせているわけです。

同じ間違いをしている人が多いようなのでこの記事を書いています。

時々ネットでたまたま見かけた記事を読んでいて
明らかに蛇足と思われることが書かれていて
途中で読む気がなくなって離脱してことも多々あります。

記事の文字数が多い方が良いのなら
記事タイトルと関係が薄いことを少し書いても
いいと思っている人もいるのかもですね。

ファンが多い有名人なら、蛇足も喜ばれるかもですが
ネット検索で目的を持ってサイトやブログに来ている人は
答えが知りたいわけです。

不要なことはユーザーが読むときの邪魔になるだけです。
つまり蛇足が増えると、直帰率がアップして成約率が落ちます。

蛇足は書かずに記事タイトルの答えの必須事項を
書くように意識することが大切です。

そうすることで成約率もアップしますよ。
直帰率は低下して滞在時間が長くなります。

その結果、グーグルの評価もアップして
順位も上昇してきます。

なお、一見、無関係な話に見えても
その後の話の流れで大事な要素になる文章もあります。

そういう最初から話の流れ(ストーリー)を
考えて書いていることは、蛇足とは言いません。

体験談も記事タイトルに関係ある場合は
オリジナルエッセンスとして活躍しますね。

蛇足(不要なもの)かどうかは、読んでみるとわかります。

読んでみて、この記事にこの文章は必要かどうか?考えるといいわけです。

私も以前は後から読み直して消していましたよ。

今は自分で美容記事を書く際は、先述しましたが
「売れやすい記事作成補助ツール」
書き順に従って見出しを決めてあらすじを書いていますから
蛇足も書かずにスムーズに時短で記事が仕上がっています。

あなたも仕上がった記事を読み返してみてください。

蛇足がないか?
必須事項(記事タイトルの答え)は書いているのか?
ユーザーに共感されやすい記事になっているか?

などなど、書いた記事を読んでみることで
気づくことも多いですよ。

他にも売れやすい記事に仕上げるには
細かいコツが色々あります。

そんな売れやすい記事に仕上げるための
細かいコツを書いているのが楽楽ライティングです。

楽楽ライティングは、
スクールの売れやすい記事の書き方マニュアルや
売れやすい記事作成補助ツールをセットにした教材です。
https://mirai3.com/writing

楽楽ライティングの
売れやすい記事の書き方のコツ基本マニュアルの
コレに従って書けば簡単に売れやすい記事になる!」に
実際に売れている商品名で具体例を書いています。

売れやすい記事に自然になる書き方です。

さらに売れやすい記事作成補助ツールの書き順に従って書く
成約率がぐんぐんアップしやすいです

なお売れやすい記事の書き方の
具体例が特に豊富なのは
楽楽ライティングメール講座です。
購入したら登録して学んでください。

ブログやサイトでの記事の書き方がわからず
悩んでいる人は、ぜひ、どうぞ。
レビュー→ 楽楽ライティングであなたの記事も売れやすい記事へ!

楽楽ライティングは、
記事の書き方がわからない人だけでなく
スクールに興味がある人も、スクールノウハウの一部を
身につけることができるチャンスです。
https://mirai3.com/writing
このレターもブログ記事です。
読むだけでも役立ちますのでじっくりごらんください。
記事の書き方へのヒントも書いています。

ホームPage 1 / 11